アドルフ・フォン・ハルナックにおける「信条」と「教義」 近代ドイツ・プロテスタンティズムの一断面

4,968  (税込)
(税抜 4,600 )
包装紙─グリーン 包装紙─ゴールド 包装紙─クリスマス 包装紙─こぐまちゃん
KBKX-7642-7429
+

商品詳細

品番/ISBN:
9784764274297
メーカー/出版社:
教文館
著訳者:
加納和寛:著
発売/発行年月:
2019年2月
判型:
A5
ページ数:
352
備考:
 

タグ

説明

19世紀から20世紀のドイツにおいて、類まれな歴史家・教会史家として活躍したのみならず、政治的・社会的・文化的な影響力も持った碩学ハルナック。本書第一部では、当時ドイツのプロテスタント教会で繰り広げられた「使徒信条論争」――特にその頂点とも言われるシュレンプフ事件(1892年にヴュルテンベルク福音主義領邦教会の牧師であったC.シュレンプフが、当時唯一の教理文書として用いられていた使徒信条を唱えずに幼児洗礼を執行し、牧師職を解任された事件)――の実態と論争の内実、および周辺環境を再考し、当時ハルナックがとった対応から、彼が「信条」や「教義」をどのように考えていたかを問い直す。また、第二部では、宗教改革期からシュライアマハーまでのプロテスタント教会における使徒信条の位置づけを辿り、第三部ではハルナックの師リッチェルを端緒としてプロテスタンティズムにおける教義の理解を解明する。

こちらもオススメ!

配送のご案内

配送方法の詳細についてはコチラを御覧下さい。商品1万円以上お買い上げで送料無料サービスが適用されます。

↓ ご注文時の注意事項↓(携帯電話からの閲覧はタップして御覧ください)

① プレゼント包装について→ ① プレゼント包装について→

② 商品の在庫について→ ② 商品の在庫について→

③ 商品の品質について→ ③ 商品の品質について→