新着商品

880  (税込) (税抜 800 )
9784872771589, 一粒社, 前川隆一

671  (税込) (税抜 610 )
9784065183502, 講談社, 佐藤優

誰もが避けられない挫折や逆境、仕事や人間関係の悩み、人生の岐路――
そんな時は、聖書の言葉にふれてみよう。
そこに救済のための真実が語られている。
聖書の言葉によって、目には見えないが、確実に存在する、
たいせつなものを捉えることができるようになる。
碩学・佐藤優が、100の名言を厳選して案内する。


1,320  (税込) (税抜 1,200 )
9784264041412, いのちのことば社, 柏木哲夫

「生の延長上に死があるのではなく、私たちは死を背負って生きている。」80年の人生を振り返り、精神科医として、ホスピス医として、教育者としての歩みの中で出会ってきた人々の姿に学びながら、人間の生きていく力について語る。巻末に、老いについて、現在注目されているスピリチュアルケアについて、人間理解について窪寺俊之氏と語り合った対談を収録。


1,650  (税込) (税抜 1,500 )
9784264040934, いのちのことば社, パスカル・ズィヴィー/ウィリアム・ウッド:著

教会の中で「信仰」「訓練」の名のもとに、人間の尊厳を傷つける行為が行われていないだろうか。聖書はそうしたことについて何と語っているのだろうか。傷を負っている人々の声に耳を傾けてきた経験をもとに、この事態から立ち直り、健全な信仰へと向かう道を示す。


2,530  (税込) (税抜 2,300 )
9784900677371, あめんどう, N.T.ライト:著 山崎ランサム和彦:訳

キリスト教のメッセージは、イエスを信じれば、死んだ後に地獄から救われ天国に行けることだと、多くの人が考えてきた。しかし、もしそれが聖書の真の教えでないとすれば? イエスの伝えた「グッドニュース」は、死後のことだけでなく、もっとスケールの大きな、もっと素晴らしいことが起こるものだとしたら? N.T.ライトは本書で、福音とは何かを捉え直し、それが私たちの将来だけでなく、現在の生き方をも大きく変えることを明らかにする。

【もくじ】

1 何についての知らせか?

2 愚かな知らせ、恥ずべき知らせ、それとも良い知らせ?

3 王なるイエスについての驚くべき知らせ

4 歪められた福音、競合する「福音」

5 天国再考

6 間違った未来、間違った現在

7 神についての驚くべき知らせ

8 良い知らせを祈る


1,320  (税込) (税抜 1,200 )
9784789608183, 女子パウロ会, 英隆一朗

崩壊の兆候を見せる日本のカトリック教会や社会。ヨハネの黙示録の象徴に、驚くほど該当する種々の悲惨な現象を解説し、原因を探り、将来を予測しながら、キリスト者として、教会共同体として実践できることを示唆する。

【目次】

1章 わたしたちに迫りくる崩壊のきざし

2章 社会の崩壊きざし

3章 今、わたしたちが心がけることは何か

4章 福音宣教のチャレンジ

5章 最後の戦い

6章 わたしたちの具体的指針として捉えていくために


1,760  (税込) (税抜 1,600 )
9784873957722, キリスト新聞社, 島田恒/濱野道雄:著

「Ministry」誌での連載「教会アドミニ研究所」に書下ろし、対談を加えて単行本化。組織マネジメントの専門家と神学者・牧師が、これからの教会運営に役立つ知恵を伝授する初のキリスト教実用書。

 

【目次】

第1部 教会論から考えるマネジメント

第2部 マネジメントから考える教会論

第3部 対談「教会の明日を考える新たな視点」


2,200  (税込) (税抜 2,000 )
9784400407485, 新教出版社, 稻正樹/中村睦男/水島朝穂:編

「憲法学者としての良心と理性、キリスト者・市民としての責任」に生きた人

深瀬忠一(ふかせ・ただかず、1927-2015)は、陸軍幼年学校、陸軍士官学校をへて東大に進んだ。敗戦による旧来の価値の崩壊を通してキリスト教信仰と出会い、憲法学を志すようになった。北海道大学法学部で長く憲法学を講じ、画期的な平和的生存権の理論を構築するとともに、恵庭訴訟・長沼訴訟などの憲法裁判に研究者として深く関与、また北海道キリスト者平和の会を支えるなど、理論と実践の両面で平和憲法の定着のために生涯を捧げた。

本書は、深瀬没後4年有余を経て、その衣鉢を継ぐ者たちが、憲法学、憲法訴訟、平和運動、信仰生活など多方面から彼の歩みを振り返り、平和憲法が危機にある今日、人々が平和に生きる権利を守るための新たな取り組みに向けて、力強いメッセージを紡ぎだそうとする論集である。


1,980  (税込) (税抜 1,800 )
9784764261471, 教文館, 富坂キリスト教センター:編

命が失われてはじめて虐待が明るみにでる子どもたち。家に帰れない、今晩泊まるところもない少年少女。現代日本に隠れている子どもたちの惨状をごぞんじですか?

子どものシェルター活動、若者の自立援助支援、ホームレス支援、母子家庭の貧困問題――。さまざまな現場の声に社会学的な視点を交え、子どもの権利を守るにはどのような配慮が必要かを考えます!


1,980  (税込) (税抜 1,800 )
9784910004105, かんよう出版, 井田泉

2004年1月から10月にかけて行われた、京都復活教会の聖書研究会でのエレミヤ書講話を書籍化。


1,760  (税込) (税抜 1,600 )
9784873957715, キリスト新聞社, 関西学院大学神学部:編

『聖書協会共同訳』、『新改訳2017』など新翻訳聖書の刊行が相次いだ近年。キリスト者の中心である「聖書」を主題に、新しい翻訳聖書の批評に終始せず、より広い視野から現代に生きる私たちにとって、聖書とは何かを問い直す。聖書学に留まらず、教会形成、宣教、教育、礼拝、説教に至るまで気鋭の神学者たちが、それぞれの分野から先端の研究と聖書との向き合い方を語る。


550  (税込) (税抜 500 )
9784886266606, ドン・ボスコ社, 「奉献生活」編纂委員会:編 原敬子:編訳

「神父様」「シスター」「ブラザー」と呼ばれる奉献生活者たちが、イエスとの出会いや、奉献の道に生きる喜びを語る、証しのことば集。彼らの生き生きとした表情や、さまざまなライフスタイルを映した写真も豊富に収載しています。


1,540  (税込) (税抜 1,400 )
9784264040965, いのちのことば社, ヒロジカズオ:写真

かわいい猫の写真に聖書のことばを添えた31日分の日めくり写真集。
気ままに自由に生きているように見えるけれど、弱っている時はなぜかいっしょにいてくれる猫。そんなふうに、気づいていなくてもいっしょにいてくださる方がいます。ストレスの多いこの時代に。
聖書のみことばが、英語と日本語で味わえ、贈りものにもピッタリです!


3,190  (税込) (税抜 2,900 )
0910-8416, 教文館, 東京神学大学神学会:編
◆主題論文 救済論における教会の存在理由――贖罪論と今日の教会をめぐって  芳賀 力 Reversing Babel: Atonement for Christians of All Faiths  Wayne A. Jansen 贖罪論と現代の教会――パウロによる参与のキリスト論  焼山満里子...

"『神学』81号 贖罪論と今日の教会" の最低購入数は 1 です.


1,210  (税込) (税抜 1,100 )
9784006022808, 岩波書店, 石原吉郎:著 柴崎聡:編

戦後文学の原点とも言える戦争体験を取り上げた作家・詩人は数多い。しかし、石原吉郎ほど、そのシベリヤ抑留における極限下の体験を自己への凝視に向け、告発と断念、絶望と祈り、沈黙と発語の拮抗する内面を、硬質で静謐な言葉で表現した文学者は少ない。石原吉郎の根幹にある「シベリヤ」「詩の発想」「聖書と信仰」「ユーモア」の四テーマによって散文を精選、その文業の核心と可能性に迫る。

1 シベリヤ―フランクルに導かれて(確認されない死のなかで―強制収容所における一人の死;オギーダ ほか)
2 詩の発想(沈黙と失語;望郷と海 ほか)
3 聖書と信仰(『邂逅』について;半刻のあいだの静けさ―わたしの聖句 ほか)
4 ユーモア(私の酒;日記1(一九七二年) ほか)


1,430  (税込) (税抜 1,300 )
9784264040972, いのちのことば社, 沖崎学 著

中高生向け聖書入門「12の物語」シリーズ第3弾。福音書からイエスの生涯を12の物語で紹介。自分は何者?どう生きる?学校生活や友人関係、将来の夢など、今の自分につながるメッセージを聖書から読み取れるよう工夫された、ユニークなテキスト。

 


1,320  (税込) (税抜 1,200 )
9784264041436, いのちのことば社, 斉藤善樹:著

ときに嘆き、ときに文句を言い、ときに懇願する。祈りの言葉には、そう祈らざるをえない自分と向き合い、自分の真相・深層に気づかせてくれる何かがある。臨床牧会カウンセラーの著者が、自らの心と向き合いながら紡ぎだした神との対話の黙想的エッセー。


1,760  (税込) (税抜 1,600 )
9784264041429, いのちのことば社, 金相福:著 廉成俊:訳

聖書に見るリーダーの資質とは? 世界福音同盟(WEA)議長を務めた「牧師の中の牧師」による経験的リーダー論。健全な牧会者のリーダーシップは組織を支配するのではなく、人を生かし育てることで発揮されることを、聖書と実際例から説き明かす。


1,100  (税込) (税抜 1,000 )
9784264040958, いのちのことば社, 新日本聖書刊行会:編

なぜこう訳したのか、はたしてこの訳でよいのか――「新改訳2017」発行後も、原語の語句や文法をより正確に理解し、よりよい日本語に表現するための研究が進められている。諸訳を比較しながら、問題や課題を明らかにし、改善の可能性を探る5つの論文を掲載。


3,080  (税込) (税抜 2,800 )
9784764217126, 教文館, H.W.ホーランダル:著 池永倫明:訳

キリストの十字架と復活の福音を信じ、キリストに従って生きる道を指し示すコリント人への第一の手紙。最新の学問的成果を踏まえながら、手堅い翻訳と明快な解説によってその特徴を明らかにする。三分冊の第二巻では、キリスト者にもたらされた「新しい生き方」と「キリスト者の自由」の正しい理解、そして信仰生活の実践に必要な「隣人愛」について説く。


2,970  (税込) (税抜 2,700 )
9784818410534, 日本キリスト教団出版局, 宮本久雄/石井智恵美:編

九死に一生を得てドミニコ修道会に入会するまで、カナダでの神秘的な出会いや体験、高森草庵における生活をたどる。日本的霊性に根ざす歩み、まことを求めてゆく足取りが語られる。観念的・理念的なものではなく根源的なことを表す「コトことば」に関するエッセイも収録。

全3巻《第1回配本》


2,420  (税込) (税抜 2,200 )
9784818410510, 日本キリスト教団出版局, 石丸昌彦:監修

精神障害の当事者が抱える課題を、教会はどのように共に担ってきたか。教会につながっている当事者や支援者による証しと、クリスチャン精神科医の応答を通じ、傷ついた人と共に歩む道筋が見えてくる。『信徒の友』で大きな反響を呼んだ連載「シリーズ精神障害」を単行本化。


1,320  (税込) (税抜 1,200 )
9784908679070, ユニオン・エー, 原田博行:著

音楽を「創作」しながら、マネタイズして生きていくために。京都円山音楽堂で野外ライブを毎年開催する現役のミュージシャンが重ねてきた発想と努力を、惜しみなく明かす。音楽に限らず、好きなことをして生きていきたい人、フリーランスや起業志望の人に参考になるエッセンスを詰め込んだ。実際に三洋化成工業(株)のサウンドロゴをメイキングする貴重なプロセスを収録した、サウンドロゴ・クリエイター志望者必読の書。


3,850  (税込) (税抜 3,500 )
9784862859433, 知泉書館, 西洋中世学会

特集:教皇庁と女性――崇敬と蔑視の構造

〈序文〉

教皇庁と女性――崇敬と蔑視の構造/加藤磨珠枝

〈論文〉

中世初期ローマ教会における女性の職務とその表象について/加藤磨珠枝

母、教師、花嫁としての中世ローマ教会/藤崎衛

ナポリ・アンジュー家の王妃たちと教皇/谷古宇尚

聖性から聖年へ/三浦麻美

教皇庁の混迷を越えて/久木田直江

ローマ・カトリック教導権における女性理解/寒野康太

ほか

"西洋中世研究 第11号" の最低購入数は 1 です.

カテゴリーの商品フィルタ

メーカー/出版社
著訳者

特集ページ