新着商品

1,296  (税込) (税抜 1,200 )
9784286205168, 文芸社, 高橋信:作 山本えりこ:絵

なぞがいっぱい! 不思議な男の子けんちゃんは、ママにも、わからないことだらけ。くつの右と左が反対で、パンツもシャツも前と後ろが反対。自分の名前が言えなくて、物の名前もなかなか覚えられない。でもね、少しずつなぞがとけてきて……。息子の奮闘を、辛抱強くそばで見守るあたたかなママの視点で描かれた一人の少年の成長の物語を描いた絵本。

 


1,404  (税込) (税抜 1,300 )
9784562056682, 原書房, 小手鞠るい:著

敵国の子だから、肌の色が違うから――第二次大戦後、そんな理由で道に捨てられた多くの混血孤児。彼らの母となる道を選んだ澤田美喜と二千人の子どもたちの姿を通じて知る、人種を越えた「家族」の形。感動のノンフィクション。


4,644  (税込) (税抜 4,300 )
9784873957579, キリスト新聞社, 芳賀力

日本を代表する組織神学の研究者による“物語る”教義学シリーズ4巻目。小径Ⅲ「創造への問い」から3年半、ついにキリスト教の中心テーマ「救済論」へ。

神の救いの物語をわたしの物語とするために。聖書は人を神のストーリーと出会わせ、そのストーリーに生きるように招く。本書は現代にあって、キリスト者の救済信仰を神学的に確かな方向に導く案内図である。


1,620  (税込) (税抜 1,500 )
9784907486877, ヨベル, 工藤信夫

「もっと冒険せよ!」とあなたの神は叫んでいる。

神は最高度に冒険精神を持ったお方。人生とはその神の冒険に人が共に参与することに他ならない。大いなる反抗、大いなる失敗、大いなる回り道こそ、「冒険の道」。ビクビク、オドオド、ヘトヘトなクリスチャンライフからの解放宣言を、今再びトゥルニエに学びたい。


1,728  (税込) (税抜 1,600 )
9784894642669, ひとなる書房, 玉居子泰子:著

体は動かず、自力で息もできない。「死にたいと思ったことはありますか?」看護学生からの問いにALS患者が出した答えとは……
本書は、原因不明の難病ALS(筋萎縮性側索硬化症)を発症して24年、人工呼吸器をつけて24時間完全介護を受けながらも、自ら事業を営み大学院受験や講演活動を行う佐々木公一さんの人生を追ったノンフィクションです。
目の動きだけで周囲とコミュニケーションをとりながら、家族や友人との団欒の時間を過ごす佐々木さん。「不自由なのは体だけでありたい」と願うその生き方には、弱さを認めながらも人と繋がり自分らしく生きることの意味を考えさせられます。
困難な立場にある人々とそうした方々を支える立場にある人々に、心の底からわき上がるような勇気とあたたかな励ましをもたらす本です。


2,376  (税込) (税抜 2,200 )
9784309619996, 河出書房新社, ダヴィデ・マリア・トゥロルド:著 須賀敦子:訳 池澤夏樹:監修

レジスタンスの闘士、司祭にして詩人。須賀敦子をコルシア書店に導いた伝説の巨人の代表的戯曲を、若き日の須賀が心をこめて訳した傑作。

西暦一千年を前に、終末論に怯える修道院。死を覚悟し作業を放棄せよという院長に、希望を信じて生きるべきだと主張する修道士の姿を描く。

 


1,890  (税込) (税抜 1,750 )
9784065163283, 講談社, 藤澤房俊

長靴の形をしたイタリア半島に蹴り上げられるように、地中海に浮かぶ最大の島、シチリア島。マフィアの故郷として知られ、人気の観光地でもあるこの島は、現在はイタリア共和国の一部となっているが、しかし、古くからここは「イタリア」だったわけではない。文明の先進地域・地中海とヨーロッパの歴史を常に色濃く映し出し、多様な文化と宗教に彩られてきたシチリア島。その3000年に及ぶ歴史を描き出し、シチリア島から世界史を照射する。
シチリアの覇権をめぐって最初に争ったのは、古代ギリシア人とフェニキア人だった。その後、ローマの「最初の属州」となり、ローマ帝国の穀倉となった。中世にはイスラーム勢力が柑橘類の栽培や灌漑技術を導入し、当時の先端文明と通商ネットワークをもたらしたが、北フランス出身のノルマン人たちがこれを屈服させて「シチリア王国」を建て、栄光の時代が訪れる。さらにドイツのホーエンシュタウフェン家、フランスのアンジュー家の支配が続き、ヴェルディのオペラで知られる「シチリアの晩祷事件」を境に、アラゴン・スペインによる「長く、暗い時代」に入る。フランス革命期にはイギリスの保護下に置かれるが、19世紀にはイタリアの統一運動、すなわちリソルジメントに巻き込まれ、イタリアに併合されていく。
絶え間なく侵入した「よそ者」と、宗教・文化の交錯の過程で、シチリア人の誇り高いアイデンティティは形成された。そして今、北アフリカから小さなボートで「新たなよそ者」が押し寄せているシチリアは、まさにグローバル化した世界の台風の目となっている。

〈目次〉
序章 シチリア島から世界史をみる
第一章 地中海世界と神々の島
第二章 イスラームの支配と王国の栄光
第三章 長くて、深い眠り
第四章 独立国家の熱望と失望
第五章 ファシズムと独立運動
終章 「シチリア人」の自画像

あとがき
参考文献
関連年表
シチリア王の系譜


1,037  (税込) (税抜 960 )
9784065162767, 講談社, 竹下節子 著

痛快で、やがて悲しい――。ジャンヌ・ダルクの生涯を一言であらわすならば、このようになるでしょうか。
時は15世紀、英仏100年戦争の末期。フランスを二分する未曾有の国難のなか、パリを追われた失意の国王シャルル7世のもとに彗星のごとくあらわれたのが、ジャンヌ・ダルクです。甲冑を身にまとい馬上の人となった彼女は破竹の勢いで敵方を打ち破り、またたくまにシャルル7世をランスでの戴冠に導きます。しかし華々しい栄光もつかの間、ジャンヌはイギリス軍に引き渡され、異端者として生きたまま火あぶりにされてしまうのです。「声」に導かれるまま生まれ育った村を旅立ったのが16歳、火刑台に立たされたときには19歳でした。
本書は、100年戦争の政治的背景から、中世におけるお告げや聖女の系譜など、彼女が生きた当時の世界を浮かび上がらせることで、ジャンヌ・ダルクの全体像をあざやかに、しかも親しみやすい筆致で描きだします。
名もない羊飼いの娘だったジャンヌを突き動かした「声」、ついにはシャルル七世をも動かし、フランスを熱狂させたものとは、いったい何だったのでしょうか。カトリックの聖人は数多くいますが、異端者として火刑にまでなりながら、500年後に聖女として認定されたのは彼女だけです。「普通の女の子」が国を救い、国家意識を創ることを可能にしたヨーロッパ中世とは、そして彼女を「守護聖女」として今なお現役で生かしているフランス人の心性とはいったいどのようなものなのでしょうか。異端にして聖女、華やかで苛烈なジャンヌ・ダルクの世界に、あなたも飛び込んでみませんか?(原本:講談社現代新書、一九九七年)

【本書の内容】
プロローグ
序 章 ジャンヌ・ダルクとはだれか
第1章 ジャンヌ・ダルクの先駆者たち――カリスマと聖女
第2章 神の「声」を聞いた少女
第3章 中世の政治と宗教――少女戦士はいかにして誕生したか
第4章 戦場の乙女
第5章 ジャンヌの最期
エピローグ
あとがき
学術文庫版あとがき
おもな参考文献


1,080  (税込) (税抜 1,000 )
9784886266484, ドン・ボスコ社, ドローレス・アレイクサンドレ:著 田中玲子:訳

聖心会を創立し、教育をとおして神の愛を伝えることに生涯をささげた聖マグダレナ=ソフィア・バラ。

本書は現代を生きる私たちに、ソフィアの生き方、価値観、精神に倣い、広い視点で社会の問題に向き合うことを促している。


1,296  (税込) (税抜 1,200 )
9784264040590, いのちのことば社, マルゴット・ケースマン:編 池永倫明/近藤尚子:訳

今日のドイツの一般市民にとって、『聖書』とはどんな書物なのか。雑誌「クリスモン」の呼びかけに応じて、幼い子どもから高齢者までが『聖書』をめぐって自らの経験を綴る。


1,080  (税込) (税抜 1,000 )
9784264040507, いのちのことば社, 野田秀

「聖書」の中心テーマであるイエス・キリストの救いは“私”の人生にどんな意味をもつのか――牧師となって60年の著者が記す、キリスト教信仰への手引き。洗礼の準備や聖書の学びのテキストとして、またプレゼントとして最適。


1,296  (税込) (税抜 1,200 )
9784264040491, いのちのことば社, 神川栄三郎:著

「父なる神への賛美」を創造、永遠、遍在、全能など、「御子なるキリストへの賛美」を救い主、王、よみがえりといのちなど、「キリストの霊なる聖霊への賛美」を真理、助け主、慰め主など、聖書の説き明かしで浮き彫りにする。


1,512  (税込) (税抜 1,400 )
9784805679180, サンパウロ, ウァルデマール・キッペス

人間には内面的なさまざまな声が聞こえてきます。自己を援助する心の声、自己を壊そうとする心の声。その声をわきまえるのがスピリチュアル・ライフの中心課題です。

「人生はOnly once!」、この事実は変えられない。本当の自分を理解し、大切に生きるために、長年、臨床パストラルケア=スピリチュアルケアの普及に努めてきた著者が贈るスピリチュアル・ライフ・シリーズの第10弾。


1,080  (税込) (税抜 1,000 )
9784873957630, キリスト新聞社, 佐々木炎

介護福祉の現場で働くひとりの牧師が、どん底の人生を歩む人たちのとの出会いを通して見つけた29のストーリー。


3,456  (税込) (税抜 3,200 )
9784400310907, 新教出版社, 山下壮起:著

反社会的な音楽文化としてしばしば非難の対象となってきたヒップホップは、なぜ繰り返し神や十字架について歌うのか――黒人神学の泰斗ジェイムズ・コーンの議論を継承し、アフリカ系アメリカ人の宗教史の文脈の中でラッパーたちの声に耳を傾けながら、その秘めたる宗教性を浮かびあがらせる。ヒップホップの現場を知り尽くした気鋭の神学者による、異色の歴史神学にしてヒップホップ研究の新たなクラシック。


2,916  (税込) (税抜 2,700 )
9784764203464, 教文館, 原口尚彰

新約聖書と新約聖書学への全体的展望を与える入門書

・新約聖書の内容の概観、時代史的背景(政治史、文化史)、福音書研究法を解説した後、新約聖書各書の成立年代、場所、文学的・神学的特色についての基礎的知識を与える。

・従来の新約聖書緒論では十分に説明されてこなかった、物語批評、修辞学批評、古代書簡理論に基づく書簡論的考察までをカバー。


1,296  (税込) (税抜 1,200 )
9784873957623, キリスト新聞社, 後宮松代:著

「ちいろば先生」こと榎本保郎牧師の妹であり、後に日本基督教団総会議長ともなる後宮俊夫牧師の妻である、松代さんの自伝。日本のキリスト教伝道史の一舞台から、キリスト者の一生が苦難と恵みに満ちたものであること、神と共に生きて老いてゆくことのさいわいを伝える。

【目次】

Ⅰ 祈りを道しるべとして

神代駅の家/兄榎本保郎の贈り物/誤解とお見合い/隔離病棟の保育所/できるのは祈ることだけ/鯨の会堂・ビルの会堂/日本海の波音/ピスガの高嶺を仰いで

Ⅱ あの人、この人、そして

つつじ館の笑顔/榎本保郎の遺したこと/姉妹と兄弟/家族みな主の前に

終章

目覚め


1,404  (税込) (税抜 1,300 )
9784264040521, いのちのことば社, 長谷部愛美:作

聖書の知恵の書「箴言」を生きる書店員の信仰日記

「百万人の福音」に2015年から3年にわたって連載された人気漫画が単行本に。

小さな町の書店で働く主人公・森野さんの、何気ない、けれど聖書のみことばに忠実に生きる日常が描かれる。「ドラマチックではないけれど、与えられたものに感謝して信仰生活を送ったら――?」を具体的に見ることのできるマンガ。


756  (税込) (税抜 700 )
9784887031333, 大津キリスト教会, 米村英二

【目次より】

序章1 幸福論

序章2 ペンの人マタイ

第1章 貧しい者の幸い

第2章 悲しむ者の幸い

第3章 柔和な者の幸い

第4章 飢え渇く者の幸い

第5章 あわれみ深い者の幸い

第6章 心のきよい者の幸い

第7章 平和をつくる者の幸い

第8章 迫害される者の幸い

私を変えた10冊の本


1,944  (税込) (税抜 1,800 )
9784818410060, 日本キリスト教団出版局, G.ジョーンズ/C.ムセクラ:著 岡谷和作/藤原淳賀:訳

わたしたちは、どのようにしたら人を赦すことができるのだろうか。ルワンダ大虐殺で父親と親族を亡くしながらも、アフリカにおいて平和と和解の働きに取り組む牧師ムセクラと、和解の神学を説くジョーンズが、対話をしながら赦すことの重要性を考える。


1,728  (税込) (税抜 1,600 )
9784887031326, SBC出版, 秦賢司

大震災のど真ん中で秦牧師が経験した、実体験の深みから語る聖書的生き方の濃厚エッセンス。


1,836  (税込) (税抜 1,700 )
9784790603672, 青娥書房, 小塩節

自らの魂を形づくってくれた幼少の頃の思い出、日々の暮らしを彩り生きる糧をくれる木々や花や食べ物たち、その生命あるものたちのありがたさ、さらにこのいのちを日々間違いなく生きるために出会う人への限りない感謝と哀惜、最後に人はなぜ生きるのか、どうしたら全き生を生きていけるのかを考える「ファウスト」のことなど、この地上に生かされて、多くの美しい魂に出会い、よき人よき物を識ったことのよろこびと感謝をつづる今日と明日への祈りのエッセイ集。


3,888  (税込) (税抜 3,600 )
9784422501246, 創元社, 山形政昭:監修

ヴォーリズ建築100周年の記念碑的図録

1905年に来日したヴォーリズは伝道活動と共に建築事務所や近江兄弟社を設立し活躍した。1964年に近江八幡で亡くなるまでに関西学院、神戸女学院、大丸心斎橋店、東華菜館、山の上ホテル、豊郷小学校など約1500件の設計を行った。デザインよりも住みやすさ、使いやすさを重視した建築は愛好家が多く、カラー約180点、モノクロ約200点の写真を収載し、その魅力を余すところなく紹介。藤森照信、海野弘、内田青藏、阿川佐和子氏等が執筆。

 


7,020  (税込) (税抜 6,500 )
9784877502195, カトリック中央協議会, 日本カトリック典礼委員会編

40年近くの間あかし書房から発行されてきた『典礼聖歌』を、カトリック中央協議会が引き継いで刊行するものです。装丁を改めた以外には、これまでの版と大きな違いはありませんが、現在中綴じの冊子で発行されている「ニケア・コンスタンチノープル信条」と「使徒信条」の新しい旋律を付録に収録しています。

 

カテゴリーの商品フィルタ

メーカー/出版社
著訳者

特集ページ