新着商品

16,500  (税込) (税抜 15,000 )

葡・西・蘭・仏・日など諸国語の膨大な原史料と研究を読み解き、大航海時代の歴史を広い視野から透徹した名著が、日欧交渉史の泰斗による日本語翻訳版で初刊行!

〔原著〕Charles Ralph Boxer,The Christian Century in Japan 1549-1650, University of California Press,(1951) second printing,corrected,1967.

●原史料の読解と深い学識を備えた英国人・ボクサーの名著
各地の文書館が所蔵するイエズス会原史料を渉猟し、高い教養と当該時代に関する深い学識を備えた、英国人研究者のチャールズ・ラルフ・ボクサー(1904-2000)。1951年に初版が刊行されてから70年が経過した今日でも必読すべき本書、本邦初の日本語訳で公刊。

●キリシタン時代の日本を世界史的な視野から俯瞰
カトリック教会関係者やカトリック側から歴史を見る外国人研究者が断然優位に立つ中で、著者ボクサーは、キリシタン時代の日本を世界史的視野から俯瞰し、大航海時代の日本におけるカトリック布教を、通史的に著述し、極めて有意義な史観を有する。

●国内史的、カトリック的思考を省察
日本史上初めて価値観を異にする諸外国との関係、カトリックとの関係が、重要な史的要因となるキリシタン時代。キリスト教徒ではあるが非カトリックの学識深いイギリス人ボクサーの歴史に対する見方や解釈は、これまでの国内史的、カトリック的思考を省察するきっかけとなる。そうした中、キリシタン布教は大航海時代の所産であることを明確に示す。

●キリシタン交渉史の第一人者による翻訳と解説
訳者の高瀬弘一郎は、研究書『新訂増補 キリシタン時代対外関係の研究』や史料集『モンスーン文書と日本―十七世紀ポルトガル公文書集―』(いずれも八木書店刊)などを著したキリシタン交渉史の第一人者。本書の末尾には、訳者による解説と索引を付す。


13,200  (税込) (税抜 12,000 )

パネンベルクの主著、待望の邦訳、続刊

モルトマンと共にバルト後の神学界を主導したパネンベルク(1928-2014年)。その主著『組織神学』全三巻(1988-93年)は長らく邦訳が待たれていた。キリスト教の真理要求を保持しつつ、歴史的省察と体系的省察とを絶えず結合し貫徹しようとする批判的・方法的意識に貫かれた叙述。第三巻は終末論的な賜物として霊に関する教理が徹底的に考察、展開される。(第二巻は鋭意翻訳中)

【目次より】

第12章 霊の注ぎ、神の国、そして教会

第13章 メシアの教団と個人

第14章 選びと歴史

第15章 神の国における創造の完成

13,200  (税込) (税抜 12,000 )
いのちのことば社, 2021年11月, B5, 2272

実生活や人生への適用を目的とした霊的な解説と『聖書 新改訳2017』が1冊に!

入門者からベテランまで、すべての聖書読者のために。

みことばから神の語りかけを聴きとり、実生活や人生に適用することを目的とした霊的メッセージと「聖書 新改訳2017」を1冊に収録。本格的な参考書としても、毎日のディボーション、通読のテキストとしても使える、超多機能型聖書。

◆主な特色

①高い信頼性:50以上の言語に翻訳され、高い評価と信頼を得ている。

②信仰生活に密着:解説は実生活への適用を目的とした霊的なメッセージ。

③対照するのに便利:聖書本文の下に解説があり、他の本や頁を開かずに参照できる。

④豊富なコンテンツと付録:各書巻の冒頭に、基本データ、概観、アウトライン、メインテーマ、テーマ索引を収録。300点以上の地図のほか、多数の図表、年表、系図、コラムが聖書理解を助ける。

◆旧作からの変更点

・付録として「キリストの系図」を追加

・全体の地図の画像が更新されている

・解説本文、人物コラム等の情報追加し、部分改訂

・最新の翻訳『聖書 新改訳2017』に準拠

B5判 クロス装 上製箱入※初版のみの特典

事前予約特価12,100円(税込)※2021年10月20日締め切り


+

10,450  (税込) (税抜 9,500 )
9784907282691, 鼎書房, 遠藤周作学会:編, 2021年4月, A5, 560

歿後25年記念出版。遠藤周作、その人と文学の全貌。日本人とキリスト教の狭間で苦闘する魂の軌跡を刻んだ全作品を提示。作品解説―“小説”“評論・エッセイ”“人物”“事項”。「英語圏の遠藤文学の評価と研究動向」「遠藤作品外国語翻訳目録」「著書目録」「年譜」を収録。

1 小説(『哀歌』;「青い小さな葡萄」 ほか)
2 評論・エッセイ(『愛情セミナー』;『愛情論―幸福の手帖』 ほか)
3 人物(阿川弘之;芥川比呂志 ほか)
4 事項(アウシュヴィッツ;イエズス会 ほか)
5 付録(英語圏における遠藤文学の評価と研究動向;遠藤周作作品外国語翻訳目録 ほか)

+

8,910  (税込) (税抜 8,100 )

現代日本に生きる牧師と信徒が、生活の実感に根ざして「キリスト教信仰の基本」を説き明かす6冊。求道者が信仰について学び始めるためにも、熟練の信仰者が基本を再確認するためにも、最適のセットです。


8,690  (税込) (税抜 7,900 )

2022年帰天25年を迎えるマザーテレサの遺産を想い起そう!

【セット内容】

①マザーテレサ 来て、私の光になりなさい! 〈彼女の全生涯を理解するキーワード〉

この本は初めて公開された詩的書簡である。

マザーテレサの温かさそのもののような、あのほほ笑みに、救われた思いをもった人は数知れない。だが、その神に満たされたようなほほ笑みのかげに、彼女自身の神への激しい渇きが隠されていた。それは多くの聖人たちが味わった魂の暗夜だったろうか。

②愛のあるところ、神はそこにおられる 〈彼女が全生涯をとおして宣言したことば〉

神は生きて現存され、「あなたとわたしをとおして今も世界を愛しておられる」

マザーテレサは1997年に帰天されたが、今日も苦しい世界の中で、「貧しい人々の中でもっとも貧しい人々」に神の愛を運びつづけておられる。そのとき、その場にかなったアドバイスを通して、マザーは、兄弟姉妹に対するより大きな愛への道に私たちを導いてくれる。

③あわれみへの招き 愛する心、仕える手

本書は、真っ先に、マザーテレサの「あわれみ」の行動について語る。彼女自身の簡潔でありつつ深い言葉とともに、愛とあわれみをもって他者に仕える、覚醒的で具体的な例を紹介している。そして間近で見てきた人びとからの未発表の証言と祈り、また実践のための勧めも納められている。教皇フランシスコが布告した「いつくしみの特別聖年」にマザーテレサは列聖され、これに合わせて本書は出版された。

箱入り・特典ポストカード8枚付き

+

8,250  (税込) (税抜 7,500 )

東京神学大学で長年キリスト教教育学を講じてきた著者の精選論文集

多くの神学生を牧会・教育の働きの場に送り出してきた著者による、聖書神学、教会教育、キリスト教学校教育、教育者養成、人間形成など多岐にわたる視点からキリスト教教育学を論じた集大成。後学の人々のために。東京神学大学学長・芳賀力教授推薦。

【目次】

推薦のことば――序文に代えて(芳賀力)

第1章  聖書神学の視点

第2章  教会教育の視点

第3章  神学諸分野の視点

第4章  神学教育の視点

第5章  キリスト教教育学の視点

第6章  信仰と教育の視点

第7章  人間教育の視点――「神の像」概念から

第8章  モラル教育の視点

第9章  キリスト教学校の視点

第10章 社会・民族・国家の視点

7,700  (税込) (税抜 7,000 )

半世紀にわたる説教黙想探求の集大成!

ドイツ告白教会の戦いの中から生まれた説教黙想運動。1965年にドイツでルドルフ・ボーレンと出会い、東京神学大学、説教塾で長年日本の説教者を指導してきた著者が、自ら編集委員を務めた『説教者のための聖書講解』『説教黙想アレテイア』の両誌等に寄稿した珠玉の説教黙想65本。


7,150  (税込) (税抜 6,500 )

自己認識については新プラトン主義やアウグスティヌスを通して多くの考察がなされ,また近現代哲学では主観性として主題化された。しかしこの中間に自己認識を扱わない長い時代があったと言われる。
自分自身に立ち帰るとは,主観性および自己認識に還帰することであり,自己認識に基づいてはじめて自分の外部のものが認識できることになる。
トマスは抽象的探究には多くの関心を示したが,個別的意識については断片的なテキストしか残さなかった。著者はその理由を明らかにするとともに,「立ち帰り」の観点から自己意識に光を当て,本格的にその意味を検討する。「立ち帰り」とは知性が自分の働きや本性を分析することであり,アリストテレスに繋がる直接的働きと,アウグスティヌスの系譜である霊魂の自己現前としての習慣的認識の二つの見方がある。トマスは両者の現実主義と内面の道を調和し独自の見地を展開する。
本書ではトマスの真理論や神学大全などのテキストにより自己認識を論じ,続編では13世紀後半の50年にわたる6人の哲学者が検討される。「直観」という偉大な考えを生んだ文化的土壌を理解するうえで彼らの自己認識論を考察することは,自然で適切な方法である。両書を通して,古代から現代に至る自己認識論のもつ射程を知ることは,今後の哲学研究に多くの刺激を与えるに違いない。


6,600  (税込) (税抜 6,000 )

苦難と自由の本質に挑む、並木旧約学の集大成!

正しい人がなぜ苦しむのか。神はなぜ悪を許容するのか。ヨブ記は人間が自由を持つがゆえの苦悩を徹底して描く。思想世界に深く切り込み、ヨブと共に苦難の意味と人間の自由を問い直す勇気が与えられる注解書。著者のヨブ記研究の集大成、ついに刊行!


6,380  (税込) (税抜 5,800 )
マットブラックのステンレス製ドッグタグに、高研磨された象眼細工のチェーンクロスが付いています。表には「Armor of God-EPH6:11,12」、裏には“Armour Of God – Put On The Whole Armour Of god, That Ye May Be Able To...

6,380  (税込) (税抜 5,800 )
ステンレススチール製ドッグタグ(ブラッシュドシルバー、ハイポリッシュ仕上げ) クロスのくり抜きが施されています。 表側に"Put On The Full Armor Of God That You May Be Able To Stand Firm Against The Schemes Of...

6,380  (税込) (税抜 5,800 )
ステンレススチール製の剣の十字架です。 前に "Armor Of God "、背面には "Ephesians 6:11 "と彫刻してあります。聖句はマットブラックに仕上げてあります。 対応聖句:エフェソの信徒への手紙6章11-12節...

6,380  (税込) (税抜 5,800 )

愛書家、またⅠを上製・函入で愛蔵されている読者のために、上製・函入版を、限定100部製作します。

牧会書簡(テモテ1・2、テトス)およびフィレモン書の4つの註解を収める。いずれも1550年前後の作品。長老や監督など初代教会の職制に関するカルヴァンの読み解きは驚くほど自由で興味深い。


6,380  (税込) (税抜 5,800 )
9784560006252, 白水社, 木村 彰一 著, 2003年10月, A5, 212
スラブ文語中最古の《古代教会スラブ語》の知識は、スラブ諸語はもとより、広くインド・ヨーロッパ語を学ぶ者にとって欠かせない。序論、文字と音、形態、テクストと注、語彙集からなる本書は、簡潔で明解な説明に加え、現代スラブ諸語の知識の十分でない読者にも学べるよう配慮がされている。

"古代教会スラブ語入門 新装版" の最低購入数は 1 です.


6,380  (税込) (税抜 5,800 )

幕末からアジア・太平洋戦争後に至るまで、多くの医師資格をもつプロテスタント宣教師がアメリカより日本に派遣され、医療を通じて人々にキリスト教を広めていった。ドイツの強い影響下にあった明治期以降の日本医学界において、アメリカ人医療宣教師たちはいかにその活動を拡大していったか。日々の診療のみならず、医学・看護教育、慈善事業・公衆衛生事業など多岐にわたる彼らの活動とその変遷を検証する。


5,940  (税込) (税抜 5,400 )

対話から見える「聖書」の深層

聖書の背景を探る歴史批判的方法論と、聖書の前景へ向かう哲学的思考が出会うとき何が起こるのか。旧約聖書の多彩なテクストの解釈をめぐり、聖書学者ラコックと哲学者リクールが論じ合う。古典思想から現代哲学まで広く見渡しつつ、聖書理解の新たな地平を開く一冊。


5,819  (税込) (税抜 5,290 )
店頭在庫品切れの場合、お取り寄せに1ヶ月程度お時間を頂戴いたします。また、在庫状況によっては、お取り寄せできない場合がございます。
【出版社】 St. Benno 【 楽譜ナンバー・構成/内容案内 】 ドイツ国内のため息が出るほど美しいオルガンのカレンダーです。 目で楽しむだけでなく、その楽器で実際に演奏された演奏CDが付いています。...
7 個

"ドイツ製CD付きカレンダー「もっとも美しきオルガン」/2022年版 (Die Schonsten Orgeln 2022 mit CD)" の最低購入数は 1 です.


5,720  (税込) (税抜 5,200 )

J.S.バッハがオルガン編曲技法の粋を込めた『オルガン小曲集』全45曲の、演奏のための詳細な解説。各曲の原旋律、構造、音型の意味、歴史的背景、また、装飾音、運指法(ペダル含む)、レジストレーションなども詳述。曲集の練習順序、教会で使用するための『讃美歌21』対照表も収録。


5,720  (税込) (税抜 5,200 )

■  聖書釈義=死海に存在した信仰共同体、クムラン教団による独自の旧約聖

書解釈(注解と釈義)。ユダヤ教諸派、原始キリスト教団のそれとの異同と

は。迫りくる終末に向けて。


収録文書=創世記注解、イザヤ書ペシェル、ホセア書ペシェル、ハバクク書ペシェル、詩篇ペシェル、フロリレギウム、終末釈義、聖書年代記……

+


5,500  (税込) (税抜 5,000 )

キリスト教における人間観の根幹は「神の像としての人間」である。そこでは「像」という人間の限界とともに,「神の」像としての人間の尊厳もまた謳われている。しかし西方教会では,「神の像」としての人間の自然本性が毀損,破壊され,人間は自ら罪を犯す前にすでに原罪を負うていると理解されてきた。
原罪の教義はアウグスティヌスの原罪理解の影響のもとでの古代の教会会議の諸決定が,トレント公会議(1546年)の「原罪についての教令」で追認される。だが,キリスト教の原罪理解と人間観は,18世紀の啓蒙主義的人間観と,19世紀の進化論の登場を経て後退し,生物学的観点やジェンダー論,フェミニスト神学の現代的視点からも批判が上がっている。
しかし今日,圧倒的な技術力を手にした人間が,凄まじい殺戮と破壊をもたらしている現実は,原罪論がもつ人間観を改めて問い直すことを要請し,その考察は神学のみならず広く人文研究の責務と言えよう。
本書はアウグスティヌスからアンセルムス,トマス,オッカム,またテルトゥリアヌスやオリゲネス,ペラギウスおよび原罪が教義とされていない東方教会の状況を考察,さらにビンゲンのヒルデガルトや十字架のヨハネなど多岐にわたる原罪論に光をあて再考する。
技術の先端化や貧富の格差,グローバル化など混迷する現代において「人間とは何か」を問う試みである。


5,500  (税込) (税抜 5,000 )

最初期キリスト者共同体形成の軌跡

異端との論争や教会の職制、礼拝における女性の振る舞い、寡婦に関する規律、キリスト者の家庭訓など、草創期の教会の姿を知る上で不可欠な牧会書簡。様式史・編集史研究の双璧によって生まれた古典的名著の待望の翻訳!


5,060  (税込) (税抜 4,600 )

詩編は魂のすべての感情の解剖図!

詩編作者ダビデの中に自分自身を見出し、慰めと励ましを得ていたカルヴァン。彼の魂の遍歴と神学の全貌を『詩編注解』から読み解いた比類なき研究。