タグ "日本キリスト教団出版局" が登録された商品・ページ

商品

4,730  (税込) (税抜 4,300 )
9784818490017, 日本キリスト教団出版局, 2017年7月(POD版), B5
季刊誌「アレテイア」連載の「釈義と黙想」の合本。説教者のための懇切丁寧な釈義と、執筆者が身を置く「現場」からの黙想。2003年6月5日発行の初版を底本にPOD版として復刻。

"説教黙想アレテイア合本 イースター/ペンテコステ/クリスマス/ルツ記/ダニエル書/オバテヤ書/ヨナ書  POD版" の最低購入数は 1 です.


7,700  (税込) (税抜 7,000 )
9784818490007, 日本キリスト教団出版局, 2017年7月(POD版), B5
季刊誌『説教者のための聖書講解』〈メディタチオン〉に連載された講解を1冊に再編集。聖書釈義と黙想によって導かれた小説教で構成される説教準備のためのシリーズ。1998年3月15日発行の4版を底本にPOD版として復刻。

3,300  (税込) (税抜 3,000 )
9784818490011, 日本キリスト教団出版局, 2017年7月(POD版), B5
季刊誌『説教者のための聖書講解』〈メディタチオン〉に連載された講解を1冊に再編集。聖書釈義と黙想によって導かれた小説教で構成される説教準備のためのシリーズ。1996年3月20日発行の4版を底本にPOD版として復刻。

6,600  (税込) (税抜 6,000 )
9784919490010, 日本キリスト教団出版局, 2017年7月(POD版), B5
季刊誌『説教者のための聖書講解』〈メディタチオン〉に連載された講解を1冊に再編集。聖書釈義と黙想によって導かれた小説教で構成される説教準備のためのシリーズ。1997年6月20日発行の5版を底本にPOD版として復刻。

4,950  (税込) (税抜 4,500 )
9784818490008, 日本キリスト教団出版局, 2017年7月(POD版), B5
季刊誌『説教者のための聖書講解』〈メディタチオン〉に連載された講解を1冊に再編集。聖書釈義と黙想によって導かれた小説教で構成される説教準備のためのシリーズ。1997年8月1日発行の7版を底本にPOD版として復刻。

4,950  (税込) (税抜 4,500 )
9784818490001, 日本キリスト教団出版局, 2017年7月(POD版), B5
季刊誌『説教者のための聖書講解』〈メディタチオン〉に連載された講解を1冊に再編集。聖書釈義と黙想によって導かれた小説教で構成される説教準備のためのシリーズ。1998年4月15日発行の6版を底本にPOD版として復刻。

7,700  (税込) (税抜 7,000 )
9784818490002, 日本キリスト教団出版局, 2017年7月(POD版), B5
季刊誌『説教者のための聖書講解』〈メディタチオン〉に連載された講解を1冊に再編集。聖書釈義と黙想によって導かれた小説教で構成される説教準備のためのシリーズ。1995年10月25日発行の4版を底本にPOD版として復刻。

8,250  (税込) (税抜 7,500 )
季刊誌『説教者のための聖書講解』〈メディタチオン〉に連載された講解を1冊に再編集。聖書釈義と黙想によって導かれた小説教で構成される説教準備のためのシリーズ。1995年7月25日発行の7版を底本にPOD版として復刻。

6,270  (税込) (税抜 5,700 )
季刊誌『説教者のための聖書講解』〈メディタチオン〉に連載された講解を1冊に再編集。聖書釈義と黙想によって導かれた小説教で構成される説教準備のためのシリーズ。1997年6月20日発行の4版を底本POD版として復刻。

3,740  (税込) (税抜 3,400 )
メソジスト教会の伝統から生まれたホーリネス運動は中田の説教者としての活動から生まれた。 常に巡回して諸教会で説教し、繰り返し徹底的にホーリネスの教理、信仰を語った。 ホーリネスのアイデンティティを生み支えることが任務でもあった。 充実した50歳代の説教を中心に収録。
3 個

"日本の説教04 中田重治  オンデマンド版" の最低購入数は 1 です.


2,860  (税込) (税抜 2,600 )

たとえ話の宝庫、ルカ福音書。だが、福音書全体について、私たちはどれだけ知っているだろうか。全体の文脈を通して読み解くことで、一つひとつのたとえ話がさらに深く私たちの心に響く。私たちを変え、そして自身も変わり続ける、生ける神の声が聞こえる。上は12章までの黙想を収録。

*下は2021年春刊行予定

1,430  (税込) (税抜 1,300 )

『信徒の友』記事に書下ろしを加えて書籍化、信仰生活(再)入門シリーズ第3弾

キリスト教信仰の「骨格」と言うべき使徒信条を、現代日本に生きる人々の生活と思いに寄り添いつつ、分かりやすく解き明かす。これから信仰生活を始めたい方への入門書としても、長く信仰生活を送ってきた方が自分の土台を再確認するためにも、おすすめ。

【目次】

はじめに・・・古賀博

使徒信条とは 「我、信ず」―主の伴いと隣人の信仰に信頼して・・・後宮敬爾

1  天地の造り主、全能の父なる神・・・柳下明子

2  その独り子、我らの主、イエス・キリスト・・・菅原力

3  ポンテオ・ピラトのもとに苦しみを受け・・・小林よう子

4  十字架につけられ、死にて葬られ、陰府にくだり・・・浦上充

5  三日目死人のうちよりよみがへり・・・小島誠志

6  天に昇り、全能の父なる神の右に坐したまへり・・・佐藤司郎

7  かしこより来りて、生ける者と死ねる者を審きたまはん・・・小島誠志

8  聖霊・・・渡辺正男

9  聖なる公同の教会・・・山本裕司

10 聖徒の交はり・・・関川泰寛

11 罪の赦し・・・岡谷和作

12 身体のよみがへり、永遠の生命・・・岩田昌路

1,500  (税込) (税抜 1,364 )
B5
【主な特集記事】 礼拝に備える
+

"礼拝と音楽186 2020年SUMMER 礼拝に備える" の最低購入数は 1 です.





1,430  (税込) (税抜 1,300 )

『信徒の友』記事に書下ろしを加えて書籍化、信仰生活の基本を(再)確認するシリーズ第2弾

何千年も昔にイスラエルの民に与えられた「十戒」は、なぜ教会の信仰として今も唱えられ続けられているのか。コロナ禍に至るまでの現代的問題に目を向けつつ、その意義を紐解いていく。多彩な執筆陣による、現代を生きるキリスト者にとっての十戒を知る決定版!


【執筆陣】

まえがき・・・・吉岡光人

前文・・・・・・荒瀬牧彦

1戒・・・・・・浅見定雄

2戒・・・・・・牧野信次

3戒・・・・・・大村栄

4戒・・・・・・小友聡

4戒②・・・・・柏木哲夫

5戒・・・・・・石川立

6戒・・・・・・松本敏之

6戒②・・・・・塩谷直也

7戒・・・・・・笹森田鶴

8戒・・・・・・西之園路子

9戒・・・・・・若月健吾

10戒・・・・・川上直哉



1,100  (税込) (税抜 1,000 )

89歳の神父が豊富な経験を交えて語る、心に響くエッセイ集

日常において出会う喜びやぬくもり、思いがけず直面する悲しみや苦しみ・・・・・・。そうした一つひとつの事柄の意味、そして「復活」や「愛」といったキリスト教のキーワードについて、長年人々を導いてきた越前神父が語るエッセイ集。プレゼントに最適な一冊。


1,980  (税込) (税抜 1,800 )
【主な特集記事】 教理と説教と説教者について  小峯明 連続講解 説教黙想 使徒信条   陰府にくだり――永遠の生命 ほか

"【取り寄せ】説教黙想アレテイア109" の最低購入数は 1 です.



1,430  (税込) (税抜 1,300 )

『信徒の友』記事を再編集、信仰生活の基本を(再)確認するシリーズ第1弾。

「主よ、わたしたちにも祈りを教えてください」。新型コロナウイルスへの不安が募る今こそ、キリスト者の祈りの原点「主の祈り」に立ち返ろう。主の祈りを概説し、各言葉を優しく丁寧に解説する。毎日の生活の中で、どのように祈り続ければよいかの手ほどきも行う。

全5巻《第1回配本》


2,200  (税込) (税抜 2,000 )

長く読み継がれている祈りの名著、待望の重版! 日常生活における祈りの参考書

祈る機会が少ない今日の人々や、初めて祈る人々に祈りの方法を示そうとする意図で書かれ、日々の祈り、日曜日の祈り、教会暦による祈り、折々の祈りから成る。


【目次】

私たちの祈り

日々の祈り

第一日 朝の祈り/第一日 夕べの祈り *30日まで収録

日曜日の祈り

第一週 日曜日の朝の祈り/第一週 日曜日の夕べの祈り *第4週まで収録

教会暦による祈り

新年/受難日/イースター/ペンテコステ/諸聖徒の日/クリスマス/年末 *それぞれ朝の祈り、夕べの祈りを収録

折々の祈り

子どもが生まれた時/子供が学齢に達した時/家族の中に結婚する者がいる時/家族に病人がいる時/愛する者が召されて悲しむ時/悪い報告を受けた時/良い報告を受けた時/誘惑にあった時/決断を要する時/旅行に出かけた者がいる時/行楽に出かける前に/失意の時/口論の後に/思い煩って心配する時/定年退職の日が来た時/過ちを犯し誘惑に陥った時

日曜日の詩篇

訳者あとがき


"はじめての祈り" の最低購入数は 1 です.


2,970  (税込) (税抜 2,700 )
ヒンドゥー教やイスラム教などの世界の伝統的宗教との出会い、インドや韓国で霊的生活を営む人々との交わりを描く。世界の宗教者が、信州・高森草庵に集って開かれた「世界会議」(1981年)における対話や、現代文明や技術主義に対する厳しい言葉を収める。

1,500  (税込) (税抜 1,364 )
B5
【主な特集記事】 礼拝と聖書
+

"礼拝と音楽185 2020年SPRING 礼拝と聖書" の最低購入数は 1 です.