タグ "新教出版社" が登録された商品・ページ

商品

2,776  (税込) (税抜 2,524 )
9784400415282, 新教出版社, 深瀬忠一著
平和憲法の実践に全実存を賭けた憲法学者が、平和の福音を求めた末に到達した「平和的生存権」と「天皇制的構造」との対決を軸にした論文集。

"平和の憲法と福音" の最低購入数は 1 です.


2,750  (税込) (税抜 2,500 )
9784400118985, 新教出版社, 宮平望:著
4福音書、使徒言行録、ローマ書、コリント書に続く好評シリーズの第8作はガラテヤ人、エフェソ人、フィリピ人、コロサイ人への手紙の注解を収録。 (書名が長いので編集部では「ガエフコ」と呼んでいます!)...

"ガラテヤ人、エフェソ人、フィリピ人、コロサイ人への手紙 私訳と解説" の最低購入数は 1 です.


1,166  (税込) (税抜 1,060 )
9784400517528, 新教出版社, 関西学院大学神学部:監修/福島旭:著
はじめて聖書に接する中高生たちに、実際に自分の手で聖書を開いてもらうための、工夫満載ワークブック。 学校では、授業材料として、自習課題として、宿題として、また試験問題として用いることができます。 教会や家庭集会での聖書研究の資料にも使えます。

"キリスト教スタディーブック・シリーズ2 EXODUS(エクソダス)旧約聖書編 " の最低購入数は 1 です.


2,200  (税込) (税抜 2,000 )
9784400520559, 新教出版社, C.S.ルイス著 西村 徹訳
詩篇を信仰の書と同時にユダヤ教文学の精華としても楽しみ、その魅力をくつろいだ筆致で縦横に語る。 ユダヤ系の妻ジョイを得た喜びが反映。  

"C.S.ルイス宗教著作集5 詩篇を考える 新装版" の最低購入数は 1 です.


3,300  (税込) (税抜 3,000 )
9784400118022, 新教出版社, 蓮見和男
13章以下の使信が、著者の心魂こめた講解によって、過不足なく提示される。 読みやすく分かりやすい、マタイの独特の聖書の世界の導きと案内。

"聖書の使信シリーズ 私訳・注釈・説教02 マタイによる福音書(下)" の最低購入数は 1 です.


1,980  (税込) (税抜 1,800 )
9784400620013, 新教出版社, ジョン・バニヤン著 池谷敏雄訳

17世紀ピューリタン文学の代表作。

「聖書の次によく読まれた」と言われる傑作。

著者ジョン・バニヤンの敬虔な信仰と霊性が生んだ「天路歴程」正篇全訳。

罪の重荷にあえぎつつ、救いと永生を求めて旅する人の姿は、現代人の生きざまに似る。

"055 天路歴程 正篇" の最低購入数は 1 です.


1,320  (税込) (税抜 1,200 )
9784400341109, 新教出版社, トレルチ 西村貞二訳

20世紀初頭のドイツの宗教哲学、歴史哲学の権威、トレルチの代表作。

「キリスト教的古代」という歴史的地位からアウグスティヌスを論じた画期的な試み。

1952年初版。

 

[目次]

第一章  『神の国』の分析

第二章  中世情勢との相違(『神の国』で前提された情勢と中世の全情勢とのもっとも一般的な相違/教会概念の相違/国家概念の相違  ほか)

第三章  キリスト教的古代の倫理学(アウグスティヌスがキリスト教的古代の内部で本質的な文化的意義をうるかどうかという問題、この彼の文化的意義は、キリスト教の最初の偉大な文化倫理学をつくったことにあるという解答  ほか)

第四章  アウグスティヌスのキリスト教的倫理学(学問的=キリスト教的倫理学者へのアウグスティヌスの発展/最高善の理念  ほか)

第五章  アウグスティヌスの諸文化財の評価(個々の文化財の組織/あらゆる倫理的文化価値の前提としての肉体と感覚文化  ほか)

第六章  アウグスティヌスの歴史的地位(アウグスティヌスとキリスト教的古代との関係と中世との対立/トマスの神学および倫理学との相違の個々の点)

結論(ヨーロッパ精神史の世界史的把握およびキリスト教的理念の発展に対する研究の結果)

"新教新書110 アウグスティヌス キリスト教的古代と中世" の最低購入数は 1 です.


2,420  (税込) (税抜 2,200 )
9784400119005, 新教出版社, 宮平望 著
4福音書、使徒言行録、ローマ書、コリント書に続く好評シリーズの第9作はヘブライ人への手紙の注解です。 新約の中でもユニークな「大祭司キリスト」論を展開する大書簡を、そのメッセージを伝えてくれます。

"ヘブライ人への手紙 私訳と解説" の最低購入数は 1 です.


1,980  (税込) (税抜 1,800 )
9784400322597, 新教出版社, 安積鋭二訳
現代教会の直面する「説教の危機」への対処として、ドイツ福音合同教会が、宣教の中心主題であるイエスの死、十字架、復活については、現代ドイツ神学界の俊英達に共同研究にあたらせた。 本書は三冊の論文集として刊行されたうちの一冊。 05/02/02復刊。

"新教セミナーブック35 イエスの死の意味 " の最低購入数は 1 です.


4,950  (税込) (税抜 4,500 )
9784400327059, 新教出版社, 佐々木徹
『教会教義学』の三位一体論・神論研究。 原典に忠実に即しつつ、そのキリスト論的集中、三位一体論、神論の連関を解明、永遠の愛なる神を解明。

"三位一体の神 カール・バルトの神学研究" の最低購入数は 1 です.


3,300  (税込) (税抜 3,000 )
9784400321217, 新教出版社, アレクサンドル・シュメーマン 松島雄一訳
聖餐(ユーカリスト)とは何か? 20世紀を代表する正教会神学者の主著とも言うべき聖餐論。 著者は、被造宇宙全体を神の愛の機密(サクラメント)と捉え、聖餐とは堕落によってこの愛から離れた世界に対するキリストを通しての愛の機密的な開示であると論じる。...

"ユーカリスト 神の国のサクラメント" の最低購入数は 1 です.


5,060  (税込) (税抜 4,600 )
9784400342700, 新教出版社, 植村正久
第七巻:説教

"植村正久著作集7(オンデマンド版)" の最低購入数は 1 です.