タグ "佐々木悠" が登録された商品・ページ

商品

3,300  (税込) (税抜 3,000 )
9784764274501, 教文館, 佐々木悠, 2021年3月, A5, 196

教会音楽はどのように、神の言葉を語りうるか

現代音楽とは全く異なる構想で創作された「聖歌」。その限りなく繊細な抑揚と神学的なテキスト解釈が織り成す、表現の豊かさに迫る。

難解な記号で記録されたネウマ譜から、聖歌をサウンド(空間に鳴り響く音)として再現する方法論、「セミオロジー」を用いて、聖歌が本来備えていた具象的なニュアンスを導き出すことを試みる、最先端の研究。

4,400  (税込) (税抜 4,000 )

アウグスティヌスからルター、カルヴァン、そしてバルトやボンヘッファーに至るまで、18人の神学者 の古典的名著を厳選し、著者の評伝や執筆事情、そして本の魅力と核心を伝える。

神学的思索の面 白さと読書の喜びを伝えるブックガイドの決定版。 

 

【本書で取り上げられている神学書】

オリゲネス『諸原理について』

アウグスティヌス『三位一体論』

アンセルムス『モノロギオン』『プロスロギオン』

トマス『神学大全』

M・ルター『大教理問答』

J・カルヴァン『キリスト教綱要』

Ph・メランヒトン『神学総覧(ロキ・コンムーネス)』

J・ゲアハルト『神学総覧(ロキ・テオロギギ)』

F・シュライアマハー『信仰論』

E・トレルチ『キリスト教の絶対性と宗教史』

A・リッチュル『キリスト教への手引き』

K・バルト『教会教義学』

P・ティリッヒ『組織神学I─III』

W・パネンベルク『組織神学I─III』

R・ブルトマン『信仰と理解I─IV』

E・ユンゲル『世界の秘密としての神』

D・ボンヘッファー『倫理学』

J・モルトマン『希望の神学』

"キリスト教神学の主要著作 オリゲネスからモルトマンまで" の最低購入数は 1 です.


1,980  (税込) (税抜 1,800 )

ヨーロッパ音楽の源流となった教会音楽の歴史をコンパクトに解説。

讃美歌、礼拝、暦、教会建築、楽器など、教会音楽をはじめて学ぶ人に必要不可欠な入門書。

写真・図版を多数収録。

 

[目次]

第1章  キリスト教とその音楽の歴史

第2章  キリスト教会の歌

第3章  キリスト教会における儀式

第4章  聖なる空間とオルガン

付録  教会音楽史略年表

"キリスト教音楽への招待 聖なる空間に響く音楽" の最低購入数は 1 です.


2,200  (税込) (税抜 2,000 )
9784764299474, 教文館, 佐々木悠, 2011年12月, A5
日本人作曲家のオルガン作品に独創性はあるのか? 明治期に日本へ伝来したパイプオルガンは、戦後に急激な増加を遂げた。 それは、日本人作曲家のオルガンへの興味と関心を高めるきっかけとなり、教会 音楽の領域外でも作品の創作や委嘱活動を加速する一因ともなった。...

"日本人のオルガン作品" の最低購入数は 1 です.