信仰書・人生論

1,430  (税込) (税抜 1,300 )

『信徒の友』記事に書下ろしを加えて書籍化、信仰生活(再)入門シリーズ

教会形成、教会の儀礼、教会運営、教会生活にまつわる記事14本を収録。教会の土台であるその本質、使命、役割と聖礼典について再確認し、教会生活における喜びと慰めの経験を通して、具体的に教会を担うための、祈祷会、献金、役員会、招聘について解説する。


〈目次〉

はじめに  古屋治雄

Ⅰ 教会の土台

【教会の本質】教会の共同体のとしての自覚と絆の回復を  石田学

【教会の使命】教会が「そこにある」ことの意味と使命  大隅啓三

【教会の役割】教会は「広場」になろう  新井純

【聖礼典】洗礼の恵み、聖餐の喜び  芳賀力

【洗礼】洗礼とは何か  岡本知之

Ⅱ 教会生活の喜びと希望

【人生】生き方をとおして福音を証ししよう  小友聡

【新来会者】新しい証人、新しい出来事  平野克己

【賛美】御国を目指す賛美の群れ  橋本いずみ

【子どもの信仰告白】信仰告白式への学びを  関川泰寛

Ⅲ 教会を担う

【祈祷会】祈りを合わせる、祈りを集める  小堀康彦

【献金】恵みによって「お金」に勝利を  小林克哉

【役員会】役員の働きを理解していますか  古屋治雄

【招聘】まず教会の自己像を明確にしてから  内藤留幸