音楽・賛美歌

3,300  (税込) (税抜 3,000 )
9784764274501, 教文館, 佐々木悠

教会音楽はどのように、神の言葉を語りうるか

現代音楽とは全く異なる構想で創作された「聖歌」。その限りなく繊細な抑揚と神学的なテキスト解釈が織り成す、表現の豊かさに迫る。

難解な記号で記録されたネウマ譜から、聖歌をサウンド(空間に鳴り響く音)として再現する方法論、「セミオロジー」を用いて、聖歌が本来備えていた具象的なニュアンスを導き出すことを試みる、最先端の研究。

2,750  (税込) (税抜 2,500 )
9784400310921, 新教出版社, 山下壮起/二木信:編

想起(アナムネーシス)せよ、失ったものを、新しい世界を

内閉したキリスト教会の限界を乗り越えるヒップホップの宗教性を論じた衝撃作、山下壮起著『ヒップホップ・レザレクション』。その視点を受け継ぎ、オバマ政権以降のアメリカと日本のヒップホップを、いまここに福音をもたらす力の源として鮮烈に描き出す。音楽ライター・二木信との共編のもと、著者講演や、BLMと共闘する黒人牧師の説教なども交え、救済の音楽文化としてのヒップホップの現在を伝える必携書、ここに誕生!


7,150  (税込) (税抜 6,500 )
9784818410770, 日本キリスト教団出版局, 手代木俊一

40年にわたって日本における讃美歌の歴史を追究してきた著者の集大成

近代以降の日本における讃美歌・讃美歌集の歴史についての論考と研究の先達たちの論文翻訳をまとめた集大成。明治期の讃美歌・聖歌、琉球語讃美歌に関する論考、日本讃美歌史上の重要人物である松本幹、鳥居忠五郎、安部正義、ジョージ・オルチンらに関する小論などを収録。


4,180  (税込) (税抜 3,800 )
9784764274471, 教文館, 國友淑弘:著

宗教性を呼び覚ます音楽の力とは何か

アフリカ系アメリカ人音楽における最初の楽譜資料をもとに、その音楽性の精髄である〈即興性〉の仕組みと発展から考察する、本邦初の音楽学的「黒人霊歌」研究!


1,650  (税込) (税抜 1,500 )
9784873957869, キリスト新聞社, 関西学院大学神学部:編 水野隆一/荒瀬牧彦/柳本和良/中道基夫/加納和寛/井上智:著

音楽とともに進み続けた教会の宣教。今日では伝統的な音楽から、ゴスペルやコンテンポラリーな音楽まで、さまざまなスタイル、ジャンルの音楽が教会で広く用いられている。また、教会の高齢化にともない、「若い世代を教会に呼び込むには、ゴスペルやワーシップソングなどを取り入れるべき」という、意見も一部からは聞こえてくる。はたして伝統的な教会音楽は現代の宣教にふさわしくないのか・・・・・・。教会と音楽、宣教におけるさまざまな問いに、賛美学や宣教学に精通した気鋭の神学者が応答。さらに現場の牧師の報告などを通して考え、これからの音楽を通した宣教、教会形成を考える。


2,090  (税込) (税抜 1,900 )
9784582838459, 平凡社, 星野博美

「死の舞踏」が流布し、「我ら、死に向かって急ごう、罪を断ち切ろう……」の歌声が流れた時代。“死”が身近にあった人々の心の奥に潜んでいたものとは?

『みんな彗星を見ていた』で15?16世紀の西欧出身の宣教師と日本のキリシタンの語られなかった真実に迫った著者が、リュートに魅せられ、再び時空を超える旅に出た。

舞台はイングランドからヴェネツィア、スペインを経て文明の十字路コンスタンティノープルへ、さらにアンダルシア、ラバト、聖地エルサレムを巡って長崎へ――。

誰もなし得なかったキリスト教の深淵へ迫る、待望の最新ノンフィクション!

「羅針盤を信じ、イチかバチかでその針の指す方向へ向かってみれば、思いもかけない時代や空間へ立ち寄ることができた。リュートは、最高の旅の道連れだった」

(目次)
まえがき
第1話 グリーンスリーヴス(イングランド民謡)
第2話 ピーヴァ(ヨアン・アンブロージオ・ダルツァ)
第3話 千々の悲しみ(ルイス・デ・ナルバエス)
第4話 死に向かって急ごう(『モンセラートの朱い本』)
第5話 天にあまねく 我らが女王よ(同)
第6話 死の舞踏(ハンス・ホルバイン)
第7話 聖母マリアの七つの喜び(カンティガ1番)
第8話 聖母の御業に驚くなかれ(同26番)
第9話 コンスタンティノープル包囲(同28番)
第10話 コンスタンティノープルを守った聖母のイコン(同264番)
第11話 右手を斬られたダマスコの聖イオアン(同265番)
第12話 モーロ王の嘆き(グラナダのロマンセ)
第13話 マラケシュを救った聖母の御旗(カンティガ181番)
第14話 気がふれたホスピタル騎士団の修道士(同275番)
第15話 殺されたユダヤ人の子ども(同4番)
第16話 ユダヤ人に汚されたキリストの像(同12番)
第17話 囚われ人は決して(「獅子心王」リチャード一世)
第18話 聖人と福者
第19話 サントスの御作業
第20話 日本の殉教伝
あとがき――不思議な宝箱


3,960  (税込) (税抜 3,600 )
9784861106941, 春風社, 菊池章太
中世イベリア半島の吟遊詩人たちによって作られ歌われた、ガリシア=ポルトガル語の詩「カンティーガ」 詩の和訳と解説を通して、聖母に対する当時の人々の思いを汲み上げる。 目次|contents はじめに―トロバドールの芸術 第一部 世俗の詩   Ⅰ 愛のささやきのカンティーガ  Ⅱ...

1,430  (税込) (税抜 1,300 )
9784783403272, 至光社, まつむらまさこ:絵/詩 平澤真希:作曲

光 水 風 空 土 木々…私たちが生きている「ここ」には、すべてがある。満たされているよろこび、美しい恵みすべてのものへの感謝の祈りは、曲になり詩になり絵になりました。自然を讃美し平和を願うピアニストと画家からの、子どもたちへの贈りもの。二次元コードからオルガンの演奏を聴くことができます。楽譜付き。


3,850  (税込) (税抜 3,500 )
9784393932179, 春秋社, 松原薫:著

バッハといえばフーガ―こうした結びつきはバッハが生きていた当時現代のように自明ではなかった。18世紀を通してバッハの音楽がどのように理解され「対位法の巨匠」として称揚・顕彰されていったか―そのメカニズムを、同時代の音楽美学の丹念な読解によってあぶり出す。新進気鋭のバッハ研究者による快著!

序論
第1章 ハイニヒェン―数学的音楽観としての対位法を批判する
第2章 マッテゾン―対位法をめぐる伝統と革新
第3章 マールプルク―「ドイツ、フーガ、バッハ」を語る
第4章 キルンベルガー―バッハの作曲技法を継承する
第5章 ライヒャルト―バッハ批評の異端児
第6章 ネーゲリ―バッハの対位法作品出版に挑む
結論


2,750  (税込) (税抜 2,500 )
9784393937990, 春秋社, 丸山桂介

「鳴り響く神学」の宇宙。『インヴェンション&シンフォニア』に込められた“感謝と平安の祈念”。諸作品に意図された聖書の世界とその神学的意味、特定のフィグーラが多彩に駆使された独自の作曲技法を解き明かす。

1 『インヴェンチオ』の地平(ホ長調インヴェンチオと「喜び」のフィグーラ;訪れ来るものによってもたらされる「喜び」―「到来」とは何か;ホ長調インヴェンチオの構造)
2 バッハのキリスト論―『マグニフィカート』BWV243a再考(BWV243aのテキストを読む;バッハのマグニフィカート;「エッサイの若枝の花」に関する補註;待望する魂―「聖なるもの」の到来)


1,100  (税込) (税抜 1,000 )
9784886266668, ドン・ボスコ社, 三澤洋史:著

新国立劇場首席合唱指揮者として、作曲家、キリスト者として、さまざまな音楽づくりに携わる著者が自らの体験から得た音楽観、音楽と祈りの深い関係、そして人間の生きる目的や意味について生き生きとした文体で熱く綴る。

【もくじ】

少しだけ長いまえがき――生い立ちから信仰の道まで

第1章 音楽は生きる歓び、いのちの輝き

 音楽とは、かくも不思議なもの

 名作曲家は本当に偉大か?

 音楽とインスピレーション

 よい音楽を作るために~協奏曲という共同作業

 最も楽しんだ者が

第2章 音楽は祈りのなかで 祈りは音楽とともに

 祈りに音楽は本当に必要か?

 宗教とリズムの関係

 カトリックの典礼と音楽

 レクィエムについてのいろいろなお話

 Missa pro Paceと奇跡

 信仰もまた、最も楽しんだ者が

第3章 三澤洋史の超主体的音楽論

 ああ、ベートーヴェン!

 私の指揮法

 アヴェ・マリア

 関口教会への道

 天上の輝きを求めて

今、心から伝えたい思いを「あとがき」として

本書に出てくる偉大な音楽家

1,540  (税込) (税抜 1,400 )
9784264041405, いのちのことば社, 本田路津子:著

「秋でもないのに」「耳をすましてごらん」のヒット曲で知られ、70年代、カレッジフォークのブームを牽引した本田路津子。芸能界を引退後はゴスペルシンガーとして活動を再開し、透明感のある歌声で賛美歌を届けてきた。デビュー50周年を迎えた今語る、あの頃、そしてこれから。

カラーグラビア、ディスコグラフィ付き


1,870  (税込) (税抜 1,700 )
9784873957760, キリスト新聞社, 是非ハルカ:著

日々の信仰生活と日韓関係の良き未来のために・・・・・・

ゴスペルシンガー「是非ハルカ」として活動する羽島載憙(日本基督教団足利東教会副牧師)の音楽エッセイ。霊的葛藤を乗り越えて韓国から来日し、結婚・出産・卵巣がんを経験した著者が語る日本宣教への想い。著者が作詞作曲したゴスペルソングの楽譜も収録!




3,300  (税込) (税抜 3,000 )
9784810535013, 道和書院, 近藤岳:編著 梅干野安未/松岡あさひ:著

パイプオルガンってどんな楽器?
 どうやって弾くの?

オルガンの構造の解説と演奏の姿勢から始まり、
手鍵盤、足鍵盤をどう使うか、
時代による奏法のちがいなど、
実際に曲を弾きながら学んでいきます。

初級から楽しめるオリジナル曲、
有名なオルガン曲の抜粋や弾きやすい編曲を多数収録。
画期的なオルガン教本です。
*一般社団法人日本オルガニスト協会 推薦

【目次】

Ⅰ オルガンを知ろう



§1 オルガンの歴史
§2 音の鳴る仕組み
§3 オルガンを鳴らすための準備
§4 オルガンを鳴らしてみよう
§5 タッチとリリース――オルガンの音の入り口と出口
§6 パイプの風と呼吸を合わせて




Ⅱ オルガンの奏法



 A アーティキュレーテッド奏法――タンギングして、しゃべるように



§1 手の奏法
§2 ペダルの奏法
§3 バロックのさまざまな音楽要素



 B ノン・アーティキュレーテッド奏法――ヴォカリーズで歌うように



§1 手の奏法
§2 ペダルの奏法
§3 ロマン派のさまざまな音楽要素




Ⅲ パイプ、ストップ、レジストレーション




Ⅳ 総合練習曲



§1 バロックの様式
§2 ロマン派以降の様式
§3 ペダルのための練習曲


3,960  (税込) (税抜 3,600 )
9784810530025, 道和書院, 一般社団法人日本オルガニスト協会:監修 松居直美/廣野嗣雄/馬淵久夫:編著 

決定版”オルガンのすべて”

オルガン音楽を愛する人へ
演奏を学ぶすべての人へ

人類の歴史とともに歩んだ
2,000年余の歴史と
さまざまな文化のもとで花開いた
多彩な音楽を描く

第一線のオルガニスト、ビルダー、研究者18名が執筆

【著者】(50音順)
浅井寛子(カトリック麹町聖イグナチオ教会オルガニスト)
今井奈緒子(東北学院大学教授、同宗教音楽研究所所長)
金澤正剛(音楽学。国際基督教大学名誉教授)
小林英之(上野学園大学教授。東京芸術劇場オルガニスト)
Scott Shaw(立教大学教授。立教学院諸聖徒礼拝堂聖歌隊長)
須藤 宏(オルガンビルダー。須藤オルガン工房主宰)
Andres Cea Galan(セビリア高等音楽院(スペイン)教授)
千田寧子(セントポール国際ルーテル教会オルガニスト)
Steven Dieck(オルガンビルダー。C.B.フィスク社代表取締役会長)
廣江理枝(東京藝術大学教授。ドイツ語福音教会オルガニスト)
廣野嗣雄(東京藝術大学名誉教授。キリスト教音楽院院長)
深井李々子(キリスト教音楽院講師。東京ルーテルセンター教会オルガニスト)
深堀彩香(音楽学。南山宗教文化研究所研究員)
松居直美(聖徳大学教授。ミューザ川崎シンフォニーホールアドバイザー)
馬淵久夫(くらしき作陽大学名誉教授。元・大森めぐみ教会オルガニスト)
Jean-Philippe Merckaert(那須野が原ハーモニーホールオルガニスト)
保田紀子(元・松本市音楽文化ホール専属オルガニスト)
横田宗隆(オルガンビルダー。横田宗隆オルガン製作研究所主宰)

【目次】

第Ⅰ章 オルガンとは
1 オルガンのしくみ(廣野嗣雄)
2 鍵盤からパイプまで(廣野嗣雄)
3 音色を変えるには(廣野嗣雄)
4 ストップの基礎知識(馬淵久夫)
5 オルガン用語(馬淵久夫)



第Ⅱ章 オルガンの構造と作りかた
1 オルガンができるまで(廣野嗣雄)
2 パイプ(横田宗隆)
3 風箱(横田宗隆)
4 送風装置(横田宗隆)
5 鍵盤(須藤宏)
6 アクション(須藤宏)
7 ストップ・アクション(須藤宏)
8 補助装置(須藤宏)
9 デザインとケース(須藤宏)



第Ⅲ章 オルガン演奏の基礎
1 音楽を読む(廣野嗣雄)
2 鍵のタッチとリリース(廣野嗣雄)
3 フレージングとアーティキュレーション(廣野嗣雄)
4 レジストレーション(今井奈緒子)
5 デュナーミク(強弱法)(今井奈緒子)
6 アゴーギク(速度法)(今井奈緒子)



第Ⅳ章 オルガンとその音楽の歴史
1 起源から西ヨーロッパ中世盛期まで(馬淵久夫)
2 中世後期とルネサンス(馬淵久夫)
3 イタリア(金澤正剛・浅井寛子)
4 ネーデルラント(Jean-Philippe Merckaert)
5 スペイン(Andrés Cea Galán)
6 フランス(馬淵久夫・深井李々子)
7 ドイツ(松居直美・廣江理枝)
8 オーストリア・東欧諸国とスイス(小林英之・馬淵久夫)
9 イギリス(Scott Shaw)
10 アメリカ合衆国(Steven Dieck)
11 その他の地域(松居直美・小林英之)
   北ヨーロッパ/ロシア/バルト三国/メキシコと中南米/アジア諸国
12 19~20世紀の演奏様式(廣野嗣雄・馬淵久夫)



第Ⅴ章 日本のオルガン史
1 キリシタン時代(深堀彩香)
2 明治時代~第二次世界大戦(千田寧子)
3 第二次世界大戦後の復興期(馬淵久夫)
4 オルガン文化の受容と同化(馬淵久夫)
5 日本のオルガン作品(保田紀子)



[付]
引用・参考文献
本書にストップ・リストを掲載したオルガン一覧
本書で言及されたオルガンの設置してある教会・ホール一覧
オルガン史年表
オルガン曲の作曲家とビルダー 地域別・年代別一覧
人名索引
事項索引


2,310  (税込) (税抜 2,100 )
9784805648353, サンパウロ, 菊地章太

13世紀にイベリア半島の中ほどにあったカスティーリャ・レオン王国の王アルフォンソ10世は、聖母マリアをたたえる詩歌を集成した。『聖母マリアのカンティーガ集』と通称される。それは『聖母マリアの讃歌集』、あるいは『頌歌集』とも言われる。カトリックでは『聖母マリア賛歌集』と記す。本書は、信仰と芸術の遺産とも言える『賛歌集』の中から5つの主題にふさわしい数篇のカンティーガを選んで読み解き、主題ごとに魅力を探る。

【目次】

第1章 カンティーガのめざすもの

第2章 聖母の軌跡のカンティーガ

第3章 聖地巡礼のカンティーガ

第4章 王の生涯のカンティーガ

第5章 無原罪聖母のカンティーガ


3,960  (税込) (税抜 3,600 )
9784480874030, 筑摩書房, 礒山雅:著

西洋音楽史上の一大傑作でありながら、いまだ多くの謎に包まれた《ヨハネ受難曲》。度重なる改稿の末、作曲家が残したメッセージをバッハ研究の権威が読み解く。


1,760  (税込) (税抜 1,600 )
9784286176390, 文芸社, 児玉麻里:著

世界的オルガニスト・児玉麻里は、旧東ドイツ主催のオルガン・フェスティバルに数年間、招聘され参加しました。バッハを生んだ国において、荒城の月や自らの作品など、日本人の心を堂々と演奏し、好評を博しました。その後も、広く海外に日本のオルガン文化を精力的に発信し続けています。その今はなきかの国での、貴重な体験をつづった得難い記録です。


1,980  (税込) (税抜 1,800 )
9784480098634, 筑摩書房, 礒山雅
罪・死・救済を巡る人間ドラマを圧倒的なスケールで描いたバッハの傑作。テキストと音楽の両面から、秘められたメッセージを読み解く記念碑的名著。

770  (税込) (税抜 700 )
9788996786597, 日キ販
日本語・韓国語併用表記 【曲目】 01. 誰も見たことのない事が 02. 主の宮 03. ただ感謝だけ 04. 大いなる方 05. Best Friend Jesus 06. 主は良いお方 07. 365日 08. 走り続ける 09. わが愛するもの 10....

9,505  (税込) (税抜 8,641 )
9784905911012, 音楽之友社, ハロルド・グリーソン:著/児玉麻里:翻訳
...
2 個

"オルガン演奏の方法" の最低購入数は 1 です.


3,520  (税込) (税抜 3,200 )
9784400310907, 新教出版社, 山下壮起:著

反社会的な音楽文化としてしばしば非難の対象となってきたヒップホップは、なぜ繰り返し神や十字架について歌うのか――黒人神学の泰斗ジェイムズ・コーンの議論を継承し、アフリカ系アメリカ人の宗教史の文脈の中でラッパーたちの声に耳を傾けながら、その秘めたる宗教性を浮かびあがらせる。ヒップホップの現場を知り尽くした気鋭の神学者による、異色の歴史神学にしてヒップホップ研究の新たなクラシック。


3,960  (税込) (税抜 3,600 )
9784818407497, 日本キリスト教団出版局, 越川弘英、塚本潤一、水野隆一

教会音楽の歴史を踏まえ、現代の礼拝に奉仕する人のために全編書下ろしで解説する最新のガイドブック。

教会音楽に携わる人々をはじめ、キリスト教主義の幼稚園や学校の教師にも必携の書。

"教会音楽ガイド" の最低購入数は 1 です.


880  (税込) (税抜 800 )
9784065150146, 講談社, 前川誠郎:著

音楽史における時代区分は独特である。17世紀以降のバロック、クラシック(古典派)、ロマン派、後期ロマン派さらに国民楽派、二十世紀音楽へと流れていくそれぞれの特徴はどこにあるのか。それらの音楽の目指したものは何なのか。美術史を専門とする一方、生涯をかけて「聴く」ことに精力を傾けた巧者の、西洋音楽に対する熟成の極みに達した愛と深い造詣が綴られる。

 

 

    第一章 バロックからクラシックへ
    第二章 クラシッックからロマン派へ
    第三章 クラシックとロマンティック
    第四章 クラシックからバロックへ
    第五章 諸国の音楽
    第六章 クラシックの終焉
    第七章 二十世紀の音楽

 


880  (税込) (税抜 800 )
9784309416694, 河出書房新社, 吉田秀和:著

バッハについて書かれたさまざまな文章を一冊に集める。マタイ受難曲、ロ短調ミサ曲、管弦楽組曲、平均律クラヴィーア、ゴルトベルク、無伴奏チェロ……。リヒターからグールドまで。


1,980  (税込) (税抜 1,800 )
9784264040088, いのちのことば社, 久米小百合:著

名曲「異邦人」の伝説の歌姫・久保田早紀。芸能界を引退後、キリスト教の伝道者となり久米小百合として活動する著者が、「異邦人」発売40周年の節目に語る音楽と人生。“時間旅行”のように振り返るあの日、そして今、これから。巻末にディスコグラフィー(カラー)付。


1,650  (税込) (税抜 1,500 )
9784863760677, リトン, 上智大学キリスト教文化研究所:編

昨年(2017年)、私たちは、マルティン・ルターによる『九五箇条提題』の提示、500周年を迎えた。これを起因に宗教改革は始まり、プロテスタント諸派が生まれ、さらに、それに抗するようにして、カトリック側から対抗宗教改革が始まった。それは、キリスト教史において、最も際立った出来事の一つである。そこで、当研究所では、今年度の聖書講座を「宗教改革期の芸術世界」と題して開催した。本書は、この講座に基づいている。(「まえがき」より)

【内容紹介】

中島智章  宗教改革期の教会建築

児嶋由枝  トレント公会議と美術―奇跡の聖母像と聖地ロレート

 

2017年度聖書講座シンポジウム  宗教改革期の芸術世界

提題者:中島智章(工学院大学准教授)・児嶋由枝(早稲田大学教授)・磯山雅(国立音楽大学招聘教授)

司会:竹内修一(上智大学教授)


4,400  (税込) (税抜 4,000 )
9784863250895, 一麦出版社, W・B・デイビス、K・E・グフェラー、M・H・タウト:編 栗林文雄:監訳

音楽療法が、対象者のQOLに寄与すると信じる、学生や療法士のために。

第I部は音楽療法の定義から始まり、典型的な臨床設定、職業活動の歴史、どのように人が音楽的な刺激に反応するかを説明し、第II部は音楽療法士が最も頻繁に担当する具体的な臨床集団、および対象者それぞれを適切に治療するための臨床的アプローチに割かれている。第III部で述べられる音楽療法の実践的な論点は、一般的に音楽療法士が用いる音楽療法治療のプロセス、現場に即した倫理、研究のための方法論についての情報を読者に提供する。

 

【目次】

第II 部 音楽療法の対象者
 第12 章 ホスピスと緩和ケアの音楽療法
 第13 章 感覚障害の治療における音楽療法
 第14 章 特別支援教育における音楽療法

第Ⅲ部 音楽療法における専門的課題
 第15 章 音楽療法の治療プロセス
 第16 章 音楽療法における研究活動の意味

資料
用語解説
索引
訳者あとがき

 


4,180  (税込) (税抜 3,800 )
9784863250819, 一麦出版社, W・B・デイビス、K・E・グフェラー、M・H・タウト:編 栗林文雄:監訳
21世紀の音楽療法実践を包括的に俯瞰する! 音楽療法実践の最新情報! 第3版は、デイビス,グフェラー,タウトほか、各領域の専門家が、 最近の研究成果をもとに書き下ろしたものである。...

2,200  (税込) (税抜 2,000 )
9784764261365, 教文館, 大塚野百合

「イエスさまって、本当にいるの?」「イエスさまもお腹が空くの?」――子どもの素朴な疑問や願い、そして受け継がれてきた信仰が紡ぎ出す「子どもの賛美歌」の世界。時代や地域を超えて愛される歌や、子どものために賛美歌を作り続ける国内外の作詞者・作曲者をめぐり、昔「子ども」だった人から、現在「子ども」たちに関わるすべての人に贈る、今回も人に話したくなる逸話満載の賛美歌エッセイ集!

 

【目次】

1 イェスさまいるってほんとかな

2 かみさまはのきのこすずめまで

3 イェスさまこどもを

4 いつくしみふかい

5 かみのおこの

6 ちいさいこどもがねむるとき

7 うれしいうれしいクリスマス

8 おほしがひかる

9 イースターのあさはやく

10 ちいさなかごに

11 このはなのように

12 ふしぎなかぜが

13 ガリラヤのかぜかおるおかで

14 ゆうべのいのり

15 しゅにしたがうことは

16 きょうだいげんかを

17 おなかのすいたイェスさまに

 

 


1,012  (税込) (税抜 920 )
9784582858785, 平凡社, 加藤浩子

世間並みの立身出世を願い、子どもの行く末を心配し、ときには喧嘩をし、妻を亡くして北の街へ傷心旅行に出る──。西洋音楽史上最大の作曲家は、敬虔なルター派教徒にして、なによりも普通の家庭人だった! ドイツの一地方の作曲家として活動したバッハの音楽が、なぜ21世紀の今も愛好されるのか。彼が暮らしたドイツの街から、生涯と作品の秘密をたどる。最新の研究成果もレポート。巻末にディスクガイドを付す。

 

《目次》
はじめに

第一章 バッハとルター
時代の子バッハ/バッハはルターから生まれた/共通点の多い二人/ルターの礼拝改革/音楽好きだったルター/ルター派を超えたバッハの音楽

第二章 バッハへの旅──街でたどる生涯
ヴェヒマル──「パン屋」から生まれたバッハ一族のふるさと
アイゼナッハ──生まれ故郷はドイツ文化の一大中心地
オールドルフ──いちばん小さな「バッハの街」は「大バッハ」誕生のゆりかご
リューネブルク──北ドイツを代表する観光地はバッハの第二の故郷
アルンシュタット──バッハ青春の街は一族の本拠地
インタビュー① バッハの後継者たち その一──アルンシュタット・バッハ教会オルガニスト ヨルク・レディン
ミュールハウゼン──帝国自由都市での「自立」と充実した日々
ヴァイマル──ドイツ屈指の文化都市はバッハの飛翔の場
ケーテン──小さな君主国を包んだ「楽興の時」
インタビュー② バッハの使った楽器を再現する名演奏家──シギスヴァルト・クイケン
ライプツィヒ──音楽と商業で賑わった最大のバッハの街
インタビュー③ バッハの後継者たち その二──トーマスカントール ゴットホルト・シュヴァルツ

第三章 オルガンと世俗カンタータでたどるバッハの足跡
バッハのオルガン紀行──シュテルムタール、アルテンブルク、ハレ、ハンブルク
シュテルムタールのヒルデブラント・オルガン/アルテンブルクのトロースト・オルガン
ハレのシューケ・オルガンとライヒェル・オルガン/ハンブルクのシュニットガー・オルガン
コラム① 増え続ける「バッハ作品」
増える作品、濃くなる輪郭/埋もれていた「誕生祝いの歌曲」/立証された「師」との関係
世俗カンタータの舞台を訪ねて──ヴァイセンフェルス、ヴィーダーアウ、ツィンマーマンのコーヒーハウス
狩り好きの公爵が愛用した館/バロックの「総合芸術」が生まれたドレスデン・バロックの宝石/コーヒーハウスのテーマソングか、バッハ家の風景か
コラム② 二一世紀の「新発見」
「唯一真性の肖像画」は二枚あった!/「容貌」への飽くなき追求/バッハの「長持ち」の発見──決め手になったのは「紋章」

第四章 家庭人バッハ
二人の妻とその素顔/マリア・バルバラ・バッハ──バッハの結婚式/アンナ・マグダレーナ・バッハ──あるカントールの妻の人生、理想化された「糟糠の妻」/バッハの子供たち/マリア・バルバラの息子たち/アンナ・マグダレーナの息子たち/バッハの娘たち

第五章 バッハ・ディスクガイド


あとがき──バッハがあれば、生きていける

参考文献抄

 


1,320  (税込) (税抜 1,200 )
9784264039082, いのちのことば社, LYRE

結成から25周年を記念して出版されたリラ初のファンブック。
6人のメンバーたちが厳選した曲の詩と、描き下ろしたイラストとのコラボレーション。一人ひとりの証しも随所に加えられ、リラの魅力がたっぷりと凝縮された一冊。

 


3,740  (税込) (税抜 3,400 )
9784818406292, 日本キリスト教団出版局
【出版社】 日本キリスト教団出版局 【著訳者】 川端純四郎 【内容案内】...

"J・S・バッハ 時代を超えたカントール" の最低購入数は 1 です.


1,430  (税込) (税抜 1,300 )
9784805626146, サンパウロ, ドム・ダニエル・ソルニエ
19世紀、グレゴリオ聖歌の復興をはたしたベネディクト会ソレム修道院の元合唱長であり、現在教皇庁立宗教音楽大学のグレゴリアンの教授ドム・ソルニエによるグレゴリオ聖歌の入門書。...

947  (税込) (税抜 861 )
9784781650975, イースト・プレス, 島田裕巳

「ロック」と聞けば、それがジャンルとして確立されてきた当時から「若者たちの音楽であり、反体制的で権力に反抗するもの」だというイメージが強かった。

そうした権力のなかには、西欧社会で力をふるってきたキリスト教も含まれる。

そのため、キリスト教文化になじみのない日本人からすればキリスト教的精神とロックは相いれないものだと考えるだろう。

しかし、エルヴィス・プレスリーやボブ・ディランをはじめ、アメリカにおける多くのロックミュージシャンが、自らの楽曲のなかで「神」「イエス・キリスト」「マリア」を讃えていたり、あるいは祈りを捧げたりしている。

むしろその西欧社会におけるキリスト教とロックのかかわりを紐解くと、キリスト教がなければ、ロックは生まれてこなかったのではないかという見方さえもできる。

信仰を持つことによって、あるいは信仰を否定することによって、彼らの音楽はどう変化し、それはロックというジャンル全体にどう影響していったのか。

宗教学者がその関係をひもとく。


15,400  (税込) (税抜 14,000 )
9784766424898, 慶應義塾大学出版会, 滝藤早苗

ある時は宮廷楽長、またある時は卓越した音楽評論家。

ゲーテやホフマンにも影響を与え、北ドイツの音楽界を牽引したヨハン・フリードリヒ・ライヒャルトの活躍を描き出す労作。

 

第1章  ライヒャルトの豊かな音楽生活(ライヒャルト略伝/音楽評論家としての活動)

第2章  ライヒャルトとオペラ(イタリア・オペラとフランス・オペラ/北ドイツにおけるライヒャルトの作品への評価  ほか)

第3章  ライヒャルトとリート(リート作曲家としての活動/北ドイツの同時代人たちのリート観  ほか)

第4章  ライヒャルトと宗教音楽(「真の教会音楽」をめぐる問題/ライヒャルトにとっての「真の教会音楽」  ほか)

第5章  ライヒャルトと器楽(器楽作曲家としての活動/ウィーン古典派との関係  ほか)


1,760  (税込) (税抜 1,600 )
9784818409835, 日本キリスト教団出版局, 大塚野百合

誰もが親しみ、心の支えになった賛美歌がある。

幼い日の教会幼稚園や日曜学校で、キリスト教学校で、聞き歌った思い出の賛美歌。

その中には学校唱歌と同じ歌曲もある。

本書は、美しい写真が歌詞のイメージを広げ、解説が歌詞や曲に込められた意味を教えてくれる。

"こころの賛美歌・唱歌(TOMOセレクト)" の最低購入数は 1 です.


902  (税込) (税抜 820 )
9784582855388, 平凡社, 田之倉稔
ウィーン宮廷で勝ち得た栄光、新大陸での孤独な最期。 モーツァルト「三大オペラ」の台本作者だった詩人の数奇な生涯を、本邦未訳の『回想録』により描き出した好著。 都市間の移住と女性遍歴が交差する芸術家の物語。   序章(最高のニューヨーカー/死後の謎、生前の謎...

"『取り寄せ』 平凡社新書0538 モーツァルトの台本作者 ロレンツォ・ダ・ポンテの生涯" の最低購入数は 1 です.


770  (税込) (税抜 700 )
9784886266248, ドン・ボスコ社, 国本静三

京都の手描き友禅作家の家に生まれ、ヴァイオリンの天才(?)少年として音楽家を目指しながら司祭になった国本神父の、美術の知識と音楽センス、確かな信仰に裏付けされた音楽エッセイ。

洒脱な解説に引き込まれること必至!

"よい音楽は神の姿を映し出す 国本神父の音楽サロン" の最低購入数は 1 です.


2,420  (税込) (税抜 2,200 )
9784276371101, 音楽之友社, 久保田慶一
18世紀においてバッハといえば、J・S・バッハではなく、その4人の息子たちだった。 兄弟とはいえ生きた時代や場所の異なる4人の、各人各様の人生や作品の特徴を描き、音楽の特徴・魅力を伝える。   兄弟の絆と離散(偉大な父のもとに生まれて/時代と社会を共有して)...

"『取り寄せ』 オルフェ・ライブラリー バッハの四兄弟 フリーデマン、エマヌエル、フリードリヒ、クリスティアン" の最低購入数は 1 です.


3,740  (税込) (税抜 3,400 )
9784276144835, 音楽之友社, ルドルフ・フォン・トーベル:著 天崎浩二:訳
本書は、バッハ《無伴奏チェロ組曲》についてパブロ・カザルスの演奏解釈をまとめたものである。

"『取り寄せ』 カザルス解釈版 バッハ/無伴奏チェロ組曲" の最低購入数は 1 です.


1,980  (税込) (税抜 1,800 )
9784276221741, 音楽之友社, 西川尚生
「神童」ともてはやされた幼少期、旅から旅の前半生、そして借金まみれの後半生…。 西欧音楽史上に残る珠玉の名作を数々生んだ「ミューズの化身」の数奇な生涯に迫る真実の評伝。   生涯篇(神童誕生/旅行時代の始まり/オペラの国へ  ほか)...

"『取り寄せ』 作曲家・人と作品シリーズ モーツァルト" の最低購入数は 1 です.


2,200  (税込) (税抜 2,000 )
9784276200609, 音楽之友社, 池辺晋一郎
雑誌「音楽の友」連載のまとめで、純粋に楽譜の面からバッハをわかりやすく、しかも楽しく解説した本。 作曲家ならではの鋭い分析が随所に光る。   バッハの譜面は本当にすごいのだ 「G線上のアリア」はジャンルを超える!...

"『取り寄せ』 バッハの音符たち 池辺晋一郎の「新バッハ考」" の最低購入数は 1 です.


1,870  (税込) (税抜 1,700 )
9784276962613, 音楽之友社
好評のONTOMO MOOK「バッハのすべて」がパワーアップして再登場。 強力執筆陣による最新のバッハ研究の成果を反映させた“新しいバッハ像”が描かれる。 貴重なエピソード集、インタヴュー集を増量。

"『取り寄せ』 バッハのすべて 生涯、作品とその名演奏家たち" の最低購入数は 1 です.


3,300  (税込) (税抜 3,000 )
9784276105522, 音楽之友社, ホセ・イグナシオ・テホン
ヨーロッパ音楽の根源ともいえるルネッサンス期のポリフォニー音楽、その代表者パレストリーナの旋法による純粋な対位法を究明する。   1  対位法 2  ポリフォニーにおける教会旋法 3  パレストリーナの旋律 4  パレストリーナの和声 5...

"『取り寄せ』 パレストリーナ様式による対位法 改訂版" の最低購入数は 1 です.


5,280  (税込) (税抜 4,800 )
9784276001282, 音楽之友社, ニール・ザスロー/ウィリアム・カウデリー:編 森泰彦:監訳
世界的なモーツァルト学者N・ザスローによる、モーツァルトをより楽しむための最新の全作品事典。 モーツァルトの全作品についての歴史的エッセイを選び集成した、音楽愛好家のための参考書。   第1部...

"『取り寄せ』 モーツァルト全作品事典" の最低購入数は 1 です.


1,980  (税込) (税抜 1,800 )
9784331520147, 廣済堂出版, 神渡良平
アメリカでは第二の国歌とも言われ、宗教を越えて愛されている「アメイジング・グレイス」。 この歌の感動の誕生秘話を紹介。 歌に込められた人類の黒い歴史と、それでも輝き続けた魂の旋律を描く。   第1章  さすらいの西アフリカ 第2章  荒れた日々...

"『取り寄せ』 アメイジング・グレイス 魂の夜明け" の最低購入数は 1 です.


2,640  (税込) (税抜 2,400 )
9784818409712, 日本キリスト教団出版局, 徳善義和

宗教改革者ルターの神学を、ルターが作った賛美歌を通して紹介する

 

ルターは多くの賛美歌を作り「歌う人」でもあった。

賛美歌は説教への会衆の応答であり、神のことばの説教でもあるとして、礼拝に会衆賛美を導入したのはルターであった。

ルターが作った数十曲に及ぶ賛美歌を現代語訳とともに紹介、その作られた背景、そこに込められたルターの神学を紹介する。

"ルターと賛美歌" の最低購入数は 1 です.


2,750  (税込) (税抜 2,500 )
9784393932063, 春秋社, M.ラータイ:著 木村佐千子:訳

J.S.バッハの主要な声楽作品を、時代背景とともにわかりやすく解説した聴取と演奏のためのガイド。

ライプツィヒ時代に書かれた受難曲やオラトリオなど、主に礼拝のために書かれた大規模な作品を扱い、

キリスト教における「愛」を主要なテーマとしてバッハが音楽の中で生き生きと描き出した聖書のドラマを再発見する。

 

目次

第1章 プレリュード
第2章 女性の声 ― 《マニフィカト》とカンタータ《私の魂は主をあがめ》におけるマリア
第3章 愛の歌から子守歌へ ― 《クリスマス・オラトリオ》
第4章 神の栄光と人の苦しみ ― 《ヨハネ受難曲》
第5章 イエスの受難と受難曲の歴史 ― 《マタイ受難曲》
第6章 見ることと理解すること ― 《復活祭オラトリオ》と《昇天祭オラトリオ》
第7章 オペラと建築の間 ― 《ミサ曲 ロ短調》
第8章 ポストリュード

"愛のうた バッハの声楽作品" の最低購入数は 1 です.


836  (税込) (税抜 760 )
9784334038182, 光文社, 本間ひろむ
ユダヤ人音楽家は何によって覚醒し、ブレイクスルーするに至ったのか。 本書では、4つのキーワードを軸に、彼らがどのように西洋音楽のシーンに関わってきたのかを検証し、異彩を放ち続ける秘密に迫る。   第1章  ユダヤ人の成り立ちと民俗音楽 第2章  オペラとユダヤ人...

"『取り寄せ』 光文社新書0715 ユダヤ人とクラシック音楽" の最低購入数は 1 です.


1,466  (税込) (税抜 1,333 )
9784413038867, 青春出版社, 古木涼子
教会の垣根を越えて歌い継がれている曲があります。 クリスマスにシスターたちが合唱すると、そこにきていた少女院の少女たちが号泣するほど。 今回は、新曲を含め、その涙が止まらないCDも付録に収録。 いのちという、人生の根源的な問いに答える本。   序章...

"『取り寄せ』 CD付き まだ見えなくてもあなたの道は必ずある" の最低購入数は 1 です.


1,045  (税込) (税抜 950 )
9784818404595, 日本キリスト教団出版局, カール・P・ダゥJr
聖書学者ダゥ氏の賛美歌は、聖書からのさまざまなインスピレーションが行間に表現されています。また英文学者でもある氏の賛美歌は文学作品としても綿密に練り上げられてあり、本書ではそのうち25作品を日本語に訳して収録紹介。

5,720  (税込) (税抜 5,200 )
9784818404175, 日本キリスト教団出版局, 志村拓生/編曲

J.S.バッハがオルガン編曲技法の粋を込めた『オルガン小曲集』全45曲の、演奏のための詳細な解説。各曲の原旋律、構造、音型の意味、歴史的背景、また、装飾音、運指法(ペダル含む)、レジストレーションなども詳述。曲集の練習順序、教会で使用するための『讃美歌21』対照表も収録。


4,620  (税込) (税抜 4,200 )
9784896291902, 港の人, 手代木俊一
讃美歌史研究の第一人者による、日本で初めての讃美歌・聖歌史事典を刊行。明治期に刊行された日本プロテスタント教会系の讃美歌・聖歌(92点)を教派別に解説。巻末に年表、人名索引などを掲載して充実した内容。キリスト教受容史や音楽史、明治文化を知る上で重要文献。

1,760  (税込) (税抜 1,600 )
9784818409705, 日本キリスト教団出版局, 皆川達夫
キリスト教とともに戦国末期の日本に渡来し、徳川幕府のキリスト教 弾圧により消えていったグレゴリオ聖歌とルネサンス音楽…。 かくれキ リシタンが歌い継いだ幻の歌オラショをはじめ、「キリシタン音楽」の 姿を探り続けた西洋古楽研究の大家が語り下ろす、待望の入門書。

858  (税込) (税抜 780 )
9784003311622, 岩波書店, 植村正久/奥野昌綱/松山 高吉:編
島崎藤村や国木田独歩などの日本近代文学、ことに新体詩や浪漫主義を生み出す源泉となった、明治期の記念碑的讃美歌集。 プロテスタントの二大教派である日本基督一致教会と日本組合基督教会との初の共通讃美歌集として刊行され、現在歌われている讃美歌の礎となった。 楽譜三十曲を掲載。...

2,640  (税込) (税抜 2,400 )
9784764261273, 教文館, 大塚野百合

自らの罪の問題に真剣に苦しんだルターも、近代アフリカで独立を勝ち取った人々も、静寂の中で平和を祈る人々も皆、「人々の罪のために十字架につけられて死に、復活されたキリスト」が約束された救いの喜びと確信に溢れて、心から賛美せずにはいられなかった。

時代や地域を越えて歌い継がれる、レント・イースターの賛美歌作詞者・作曲家をめぐり、今回も人に話したくなる逸話満載の賛美歌エッセイ集!

 

[目次]

1  M・ルターと復活の賛美歌

2  英語賛美歌の父 I・ウォッツ

3  P・ゲルハルトと受難の賛美歌

4  米国を代表する賛美歌作家 F・クロスビー

5  R・ローリとキリストのよみがえり

6  テゼ共同体の賛美歌

7  躍動するアフリカの賛美歌

8  ミケランジェロの十字架像


1,760  (税込) (税抜 1,600 )
9784871987097, アルファベータブックス, ヴェルナー・トゥースヴァルトナー:著 大塚仁子:訳
1818年ザルツブルク近郊の村で、二人の青年によって作られた「きよしこの夜」は、どのようにして生まれ、どのようにして世界に広まったのか。 ひとつの歌をめぐる物語が、ヨーロッパの近代を伝える。 「きよしこの夜」が生まれた村──オーベルンドルフの現在のクリスマス...

"『取り寄せ』 「きよしこの夜」物語" の最低購入数は 1 です.


3,080  (税込) (税抜 2,800 )
9784791765874, 青土社, ルース・タトロー:著 森夏樹:訳
カバラのゲマトリアをはじめとする数秘術、聖書の数を表すシンボル…。 はたしてバッハはほんとうに数象徴を操って作曲したのか。 これまでの数象徴説を逐一紹介・検証し、バッハ像をめぐる真相に迫る画期的バッハ論。    

"『取り寄せ』 バッハの暗号 数と創造の秘密" の最低購入数は 1 です.


3,850  (税込) (税抜 3,500 )
9784393937921, 春秋社, ミッシェル・モラール:著 余田安広:訳
18世紀半ば、未知の音楽家ヨハン・セバスティアン・バッハの楽曲に魅了されたふたりの若者がライプツィヒへ赴く。 しかし、すでに作曲者本人は他界していた。 かくてバッハと親しかった教会音楽家から、バッハの書法を基礎から学ぶことに…。 平均律クラヴィア曲集に学ぶ驚異のフーガ書法。...

"『取り寄せ』 ライプツィヒへの旅 バッハ=フーガの探求" の最低購入数は 1 です.


2,750  (税込) (税抜 2,500 )
9784393932001, 春秋社, クリストフ・ヴォルフ:著 礒山雅:訳
モーツァルトが不遇で貧窮のうちに亡くなったという俗説を完全に否定し、宮廷作曲家に任命された最後の4年間、前途洋々の未来に向けて野心的な創作を続けていたことを資料から実証。 刺激的な新解釈。   第1章  宮廷への任命──モーツァルトとサリエーリ 第2章  外の世界の探索...

"『取り寄せ』 モーツァルト最後の四年 栄光への門出" の最低購入数は 1 です.


4,950  (税込) (税抜 4,500 )
9784393931868, 春秋社, ギュンター・G・バウアー:著 吉田耕太郎/小石かつら:訳
貴族・市民問わず家庭や社交の場で多彩な享楽文化が花開いた18世紀。 モーツァルトも一家・友人あげて流行の遊びに熱中した。 その賑わい、情熱、笑い声が、モーツァルトの音楽に投影されている。 モーツァルトは稼いだ金を遊びやギャンブルで蕩尽してしまったのか?...

"『取り寄せ』 ギャンブラー・モーツァルト 「遊びの世紀」に生きた天才" の最低購入数は 1 です.


2,200  (税込) (税抜 2,000 )
9784035422204, 偕成社, シャーロット・グレイ:著 秋山いつき:訳
「世界でもっとも偉大な音楽家の一人」として称賛され、モーツァルトやベートーベンの作品にも影響を与えたバッハの生涯を描く。   音楽家バッハ一族 マルティン・ルター 両親の死 リューネブルク 広い世界へ 世界へのステップ...

"『取り寄せ』 伝記世界の作曲家2 バッハ バロック音楽を集大成した近代音楽の父" の最低購入数は 1 です.


1,760  (税込) (税抜 1,600 )
9784264033271, いのちのことば社, 塩谷達也

ゴスペルっていったいなんだろう?歴史、レジェンドたち、名曲、メッセージ・・・すべてを網羅した決定版!

 

ゴスペルには力がある。

ゴスペルシンガー、クワイヤディレクター、プロデューサーでもある塩谷達也さんによる著作。

ゴスペルの歴史、有名なゴスペルソングに込められたメッセージを塩谷さん流に熱く語る。

"ゴスペルのチカラ" の最低購入数は 1 です.


858  (税込) (税抜 780 )
9784121018168, 中央公論新社, 岡田暁生
一八世紀後半から二〇世紀前半にいたる西洋音楽史は、芸術音楽と娯楽音楽の分裂のプロセスであった。 この時期の音楽が一般に「クラシック音楽」の歴史と呼ばれている。...

"『取り寄せ』中公新書1816 西洋音楽史 「クラシック」の黄昏" の最低購入数は 1 です.


814  (税込) (税抜 740 )
9784121011039, 中央公論新社, H・C・ロビンズ・ランドン:著 石井宏:訳
歿後200年を経た今、モーツァルトの功績を無視する者はいないが、世の天才の常として、その評価は、生存中から死後まで一定したものではなかった。 しかし、価値観の変化に伴う毀誉褒貶はさて置き、彼は、音楽史の上にどれほどの貢献を行なったのか、また行なわなかったのか。...

"『取り寄せ』 中公新書1103 モーツァルト 音楽における天才の役割" の最低購入数は 1 です.


924  (税込) (税抜 840 )
9784582856767, 平凡社, 淡野弓子
《マタイ受難曲》《ロ短調ミサ曲》、カンタータとそのパロディなどバッハの声楽作品の隠された手法、象徴的意味、数の秘術を探る。 演奏家が説いたバッハ音楽を味わうための最高の一冊。   バッハの音楽は、ただ耳で聴くだけでも私たちを感動させ、こころを慰めます。...

"『取り寄せ』 平凡社新書0676 バッハの秘密" の最低購入数は 1 です.


3,300  (税込) (税抜 3,000 )
9784588410178, 法政大学出版局, 田中吉備彦
その作品に深く聴き、清き泉にひたすら掬み続けた故人によるバッハ理解の先駆的業績を収録。 さらにバッハ研究の原典をなすフォルケル著『バッハ』の名訳を併載。

"『取り寄せ』 バッハ傾聴 改装版" の最低購入数は 1 です.


858  (税込) (税抜 780 )
9784591137802, ポプラ社, 鎌田東二
歌と宗教は古来より深い関わりがあった。 神道ソングライターとしての活動15周年を迎える宗教学者、鎌田東二がその歴史を説く!

"『取り寄せ』 ポプラ新書020 歌と宗教 歌うこと。そして祈ること" の最低購入数は 1 です.


1,540  (税込) (税抜 1,400 )
9784309412115, 河出書房新社, 井上太郎
死者のためのミサ曲として生まれ、時代の死生観を鏡のように映しながら、魂の救済を祈り続けてきた音楽、レクィエム。 中世ヨーロッパから現代日本まで、千年を超えるその歴史を初めて網羅した画期的名著。

"『取り寄せ』 河出文庫 レクィエムの歴史 死と音楽との対話" の最低購入数は 1 です.


825  (税込) (税抜 750 )
9784309463650, 河出書房新社, パウル・ベッカー:著 河上徹太郎:訳
ギリシャ時代から二十世紀まで、雄大なる歴史を描き出した音楽史の名著。 「形式」と「変容」を二大キーワードとして展開する議論は、今なお画期的かつ新鮮。 クラシックファン必携の一冊。

"『取り寄せ』 河出文庫 西洋音楽史" の最低購入数は 1 です.


1,430  (税込) (税抜 1,300 )
9784560721155, 白水社, フリードリヒ・ヘルツフェルト:著 渡辺護:訳
西洋音楽史について、時代ごとの特質・おもな作曲家の伝記情報やエピソードから、文化史との関わりや用語の意味までをバランスよくまとめた、わかりやすく、楽しく読める解説書。

"『取り寄せ』 白水Uブックス1115 わたしたちの音楽史 下巻" の最低購入数は 1 です.


1,430  (税込) (税抜 1,300 )
9784560721148, 白水社, フリードリヒ・ヘルツフェルト:著 渡辺護:訳
西洋音楽史について、時代ごとの特質・おもな作曲家の伝記情報やエピソードから、文化史との関わりや用語の意味までをバランスよくまとめた、わかりやすく、楽しく読める解説書。
+

"『取り寄せ』 白水Uブックス1114 わたしたちの音楽史 上巻" の最低購入数は 1 です.


2,090  (税込) (税抜 1,900 )
9784560720967, 白水社, ロラン=マニュエル:著 吉田秀和:訳
ロマン派からサティやラヴェル、シェーンベルクまで、クラシックの近現代史を楽しく解説。 ユダヤ教の典礼音楽やキリスト教各宗派の宗教音楽についても詳しく扱う。

"『取り寄せ』 白水Uブックス1096 音楽のたのしみ3 音楽のあゆみ─ベートーヴェン以降" の最低購入数は 1 です.


2,640  (税込) (税抜 2,400 )
9784560082751, 白水社, パウル・ベッカー:著 松村哲哉:訳
大作曲家たちはオーケストラで何を表現しようとしたのか。 主要楽曲を例にあげながら、表現や楽器編成の変化に込められたその意図や、時代と社会の反映としてのオーケストラを語る。

"『取り寄せ』 オーケストラの音楽史 大作曲家が追い求めた理想の音楽" の最低購入数は 1 です.


1,760  (税込) (税抜 1,600 )
9784422210544, 創元社, M・パルティ:著 海老沢敏:監修 高野優:訳
神童モーツァルトは17歳までを旅に生き、旅を通じて全ヨーロッパの文化を吸収し、18世紀ヨーロッパの粋を集めた音楽を完成した。 その音楽的足跡を図版とともに解説。
1 個

"『取り寄せ』 「知の再発見」双書004 モーツァルト 神に愛されしもの" の最低購入数は 1 です.


836  (税込) (税抜 760 )
9784062880961, 講談社, 小宮正安
クラシックファンならずとも、モーツァルトの全作品にはK.**とかKV**などという番号が振られており、それをケッヘル番号と称することはご存じでしょう(たとえば交響曲第41番『ジュピター』はK.551)。   誰から頼まれたわけでもないのに一作曲家の作品を調べ上げて分類し、番号を振る──。...

"『取り寄せ』 講談社現代新書2096 モーツァルトを「造った」男 ケッヘルと同時代のウィーン" の最低購入数は 1 です.


1,056  (税込) (税抜 960 )
9784062919371, 講談社, 皆川達夫
音楽の源泉、バロック以前の音楽の好解説書 心洗われる素朴な響きのグレゴリオ聖歌、吟遊詩人のうたい上げる愛のメロディ…… 美しい旋律で人の心の奥底を揺り動かす中世・ルネサンス音楽の世界へようこそ。

"『取り寄せ』 講談社学術文庫1937 中世・ルネサンスの音楽" の最低購入数は 1 です.


1,056  (税込) (税抜 960 )
9784061598058, 講談社, 礒山雅
千変万化、百花繚乱 バロック名曲100選   生きる喜びが溢れる豊かな生のドラマ、バロック音楽。 新しく誕生したオペラ、心の奥底まで響く宗教音楽、多彩に奏で歌う協奏曲、宮廷を輝かせる典雅な調べ。...

"『取り寄せ』 講談社学術文庫1805 バロック音楽名曲鑑賞事典" の最低購入数は 1 です.


1,430  (税込) (税抜 1,300 )
9784061594012, 講談社, W・フェーリクス:著 杉山好:訳
バロック音楽を代表する作曲家、バッハ。神に対する深い信仰心とひたむきな音楽美への探求はマタイ受難曲など千曲を越える名曲を生み出した。 ヨーロッパとドイツの音楽文化に分け入り、百余点の楽譜と写真資料を駆使しながらバッハの音楽の豊かな作品世界とその神髄に迫る。...

"『取り寄せ』 講談社学術文庫1401 バッハ 生涯と作品" の最低購入数は 1 です.