聖書協会共同訳(2018年12月初旬発行予定)

 

変わらない言葉を 変わりゆく世界に

礼拝にふさわしい聖書を――31年ぶり、0から翻訳した新しい聖書

次世代の標準となる日本語訳聖書を目指して翻訳された「聖書協会共同訳」が、いよいよ出版されます。「共同訳」とは今回もカトリックとプロテスタント諸教会の支援と協力による共同の翻訳事業だという意味です。そして、「聖書協会」――この国における聖書頒布のパイオニアとして143年、教会と共に歩んできた日本聖書協会――がお届けいたします。聖書協会世界連盟という世界最大の聖書翻訳のネットワークによる研究成果と、国内の優秀な聖書学者・日本語の専門家によって訳された本文を、最先端の印刷・製本技術が支える聖書。それが『聖書 聖書協会共同訳』です。