東方教会の精髄 人間の進化論攷 聖なるヘシュカストたちのための弁護(知泉学術叢書02)

6,820  (税込)
(税抜 6,200 )
KBKX-86285-275
+

商品詳細

品番/ISBN:
9784862852755
メーカー/出版社:
知泉書館
著訳者:
グレゴリオ・パラマス:著 大森正樹:訳
発売/発行年月:
2018年5月
判型:
新書
ページ数:
576
備考:
 

タグ

説明

ビザンティン後期に多くの論争を経て、東方キリスト教霊性の精華であるヘシュカスム(祈りの方法やその意味など)の霊性運動を理論的に大成したグレゴリオス・パラマス(1296頃-1359年)の主著『聖なるヘシュカストたちのための弁護』の全訳である。

彼は若い時にアトス山で修行し、晩年テサロニケの大主教を務め、没後に列聖された。

ビザンティン宮廷に重用されたバルラアムは「アトス山の修道士たちが祈りの中で神を見る」ことを聞き、祈りを励む者たちを異端の廉で告訴した。

これに対しパラマスが正面から批判し修道士たちを弁護、論争はビザンティン宮廷を巻き込み、聖俗あわせた争いに発展した。

最終的にはパラマスの論がビザンティン教会の正統とされ、バルラアムは排斥されてイタリアに帰りローマ教会の司教になった。

西方教会とは違い、観想など実践を重んずる東方教会の独自性が本書により解明される。

教父たちがキリスト教の地盤でギリシアの知的業績を考察し直した躍動的な思想は、キリスト教の精神伝統の生の姿を髣髴とさせてくれる。

わが国の西欧中心の見方に対し、欧州の辺境の地で営まれた知的、霊的精進の宝庫に新たな可能性が見出されよう。

この商品を買った方はこんな商品も買っています

配送方法の詳細についてはコチラを御覧下さい。商品1万円以上お買い上げで送料無料サービスが適用されます。

↓ ご注文時の注意事項↓(携帯電話からの閲覧はタップして御覧ください)

① プレゼント包装について→ ① プレゼント包装について→

② 商品の在庫について→ ② 商品の在庫について→

③ 商品の品質について→ ③ 商品の品質について→