近代日本にとってのキリスト教の意義 明治一五〇年を再考する

1,620  (税込)
(税抜 1,500 )
包装紙─グリーン 包装紙─ゴールド 包装紙─クリスマス 包装紙─こぐまちゃん
KBKX-7642-9987
+

商品詳細

品番/ISBN:
9784764299870
メーカー/出版社:
教文館
著訳者:
日本キリスト教文化協会:編
発売/発行年月:
2019年9月
判型:
A5
ページ数:
184
備考:
 

タグ

説明

近代日本の成果と蹉跌を振り返り、キリスト教がそこで果たした役割を再考し、次なる時代の課題を考える。

5名の気鋭の論者が、家族制度や教育など多様な視点から課題に迫る。私たちはこの歴史から何を継承すべきか。多くの示唆に満ちた書。

※2018年に開催され大きな話題を呼んだ連続講演会の記録。

【目次】

第1章 ピューリタニズムと日本の共同体  梅津順一

第2章 日本の家族を支える法制度の変遷とキリスト教  棚村政行

第3章 社会改革的キリスト教の挑戦――賀川豊彦の場合  金井新二

第4章 近代日本におけるキリスト教学校教育  大西晴樹

第5章 近代日本におけるキリスト教と女性  小檜山ルイ

配送のご案内

配送方法の詳細についてはコチラを御覧下さい。商品1万円以上お買い上げで送料無料サービスが適用されます。

↓ ご注文時の注意事項↓(携帯電話からの閲覧はタップして御覧ください)

① プレゼント包装について→ ① プレゼント包装について→

② 商品の在庫について→ ② 商品の在庫について→

③ 商品の品質について→ ③ 商品の品質について→