日本の伝道を考える2 和解の福音

1,650  (税込)
(税抜 1,500 )
KBKX-7642-7394
+

"日本の伝道を考える2 和解の福音" の最低購入数は 1 です.

商品詳細

品番/ISBN:
9784764273948
メーカー/出版社:
教文館
著訳者:
上田光正
発売/発行年月:
2015年5月
判型:
A5
ページ数:
208

タグ

説明

教会の100年後を見据えた神学的・実践的な日本伝道論全3巻。

第2巻では、「喜びの知らせ」である十字架と復活の福音を学ぶ。

 

「わたしたちは本書で、福音が『喜びのおとずれ』であることを明らかにしなければなりません。人間は、それが自分にとってのまさしく喜ばしい知らせであると痛感し、隣人にとってもきっとそうであるに違いないと確信できる事柄については、何であれ、隣人に伝えたいと願うからです。……日本の教会の信徒のことを考えた場合、救いの確信がなかなか持てないために、伝道ができない信徒が大勢います。そういうところで、いくら『伝道が大事だ』『伝道しなければ教会がつぶれる』と言ってみたところで、それは宗教家のエゴイズムのようにしか聞こえないのです。」(「はじめに」より)

 

第1章  「恵みの選び」の教えは福音にとってなぜ必要か(神の恵みの選び/恵みの選びを受けた者は、歴史の中でどのような務めを持つのか)

第2章  十字架と復活の福音(神との和解の福音/王の王、主の主  ほか)

第3章  和解の福音に生きる教会(「御名が崇められますように」と祈る教会/「御国が来ますように」と祈る教会  ほか)

この商品を買った方はこんな商品も買っています

配送方法の詳細についてはコチラを御覧下さい。商品1万円以上お買い上げで送料無料サービスが適用されます。

↓ ご注文時の注意事項↓(携帯電話からの閲覧はタップして御覧ください)

① プレゼント包装について→ ① プレゼント包装について→

② 商品の在庫について→ ② 商品の在庫について→

③ 商品の品質について→ ③ 商品の品質について→