贖罪論とその周辺 組織神学の根本問題2

6,050  (税込)
(税抜 5,500 )
包装紙─グリーン 包装紙─ゴールド 包装紙─クリスマス 包装紙─こぐまちゃん
KBKX-7642-7380
+

"贖罪論とその周辺 組織神学の根本問題2" の最低購入数は 1 です.

商品詳細

品番/ISBN:
9784764273801
著訳者:
近藤勝彦
発売/発行年月:
2014年3月
判型:
A5
ページ数:
376

タグ

説明

古代より組織神学の根本問題として扱われた贖罪論は、聖書・歴史・教会・信仰・伝道・秘跡など神学のあらゆる分野に関わり、いまなお熱く議論されるテーマである。

教会と信仰継承の危機にある現代のキリスト者にとって、贖罪論とは何か?

教父・宗教改革者・近現代の神学者らの言説を検証しつつ、キリスト教の中心教理の現代的な再定義を試みる論文集!

 

[目次]

第一部  贖罪論の再考

一  キリスト教のアイデンティティと贖罪論

二  十字架と神の国

三  贖罪論と三位一体論

 

第二部  贖罪論史の再検討

一  アタナシオスの贖罪論とアンセルムスの贖罪論

二  ルターの贖罪論

三  カルヴァンの贖罪論

四  フォーサイスの贖罪論

五  カール・バルト「和解論」における贖罪論

六  植村正久の贖罪論

 

第三部  贖罪論の周辺

一  律法と福音

二  和解と救済

三  洗礼、その神学と生活

四  聖餐論の再検討

五  フォーサイスの人格的行為的聖餐論とその問題

この商品を買った方はこんな商品も買っています

こちらもオススメ!

配送方法の詳細についてはコチラを御覧下さい。商品1万円以上お買い上げで送料無料サービスが適用されます。

↓ ご注文時の注意事項↓(携帯電話からの閲覧はタップして御覧ください)

① プレゼント包装について→ ① プレゼント包装について→

② 商品の在庫について→ ② 商品の在庫について→

③ 商品の品質について→ ③ 商品の品質について→