人格と人権 下 キリスト教弁証学としての人間学

5,830  (税込)
(税抜 5,300 )
包装紙─グリーン 包装紙─ゴールド 包装紙─クリスマス 包装紙─こぐまちゃん
KBKX-7642-7330
+

"人格と人権 下 キリスト教弁証学としての人間学" の最低購入数は 1 です.

商品詳細

品番/ISBN:
9784764273306
メーカー/出版社:
教文館
著訳者:
大木英夫
発売/発行年月:
2013年5月
判型:
A5
ページ数:
464

タグ

説明

近代の「人権」理念の源泉はどこにあるのか

人間を「人格」として捉えるキリスト教的人間理解は、聖書から生ま れ、古代の弁証学者から現代に至るまで継承された。

しかし日本には、第 二次大戦の敗戦に至るまで、キリスト教的な「人格」概念は知られていな かった。

戦後、日本国憲法の制定により、初めて日本に導入された「人 権」理念とそれを支える「人格」概念は、社会的体制の普及だけでなく、 日本人の内面まで本当に浸透したのだろうか。

上巻の人格論に続き、下巻は、憲法で「最高法規」として明示され、人 類の多年にわたる自由獲得の成果とされる「基本的人権」の由来を歴史的 に問い、近代人がなぜ人格として自立し、人権を帯びねばならないのかと いう人間学的根本課題を、キリスト教弁証学としての人間論から論じる。

日本を代表する神学者・大木英夫氏の集大成がここでついに完結!

 

[目次]

第三部  新しい弁証学への道 「人権理念」の探求(コスモスの崩壊/人格と人権/人権と憲法/アメリカ革命とフランス革命/名誉革命への中間時/ジョン・ロックとロバート・フィルマー、そしてトーマス・ホッブズ/ピューリタン革命 栄光と挫折、死と詩/人権理念の噴泉)

第四部  総括 現代日本の人間状況(日本の問題状況/日本知性の「ゲルマン捕囚」について/われわれもまた「遅れてきた国民」(プレスナー)か/「闇の中に輝く光」)

この商品を買った方はこんな商品も買っています

こちらもオススメ!

配送方法の詳細についてはコチラを御覧下さい。商品1万円以上お買い上げで送料無料サービスが適用されます。

↓ ご注文時の注意事項↓(携帯電話からの閲覧はタップして御覧ください)

① プレゼント包装について→ ① プレゼント包装について→

② 商品の在庫について→ ② 商品の在庫について→

③ 商品の品質について→ ③ 商品の品質について→