人格と人権  上 キリスト教弁証学としての人間学

4,180  (税込)
(税抜 3,800 )
KBKX-7642-7329
+

"人格と人権  上 キリスト教弁証学としての人間学" の最低購入数は 1 です.

商品詳細

品番/ISBN:
9784764273290
メーカー/出版社:
教文館
著訳者:
大木英夫
発売/発行年月:
2011年7月
判型:
A5
ページ数:
356

タグ

説明

敗戦によって、日本の思想は本当に変わったのか。

人間を「人格」として捉えるキリスト教的人間理解は、聖書から生まれ、古代の弁証学者から現代に至るまで継承された。

しかし日本には、第二次大戦の敗戦に至るまで、キリスト教的な「人格」概念は知られていなかった。

戦後、日本国憲法の制定により、初めて日本に導入された「人権」理念とそれを支える「人格」概念は、社会的体制の普及だけでなく、日本人の内面まで本当に浸透したのだろうか。

上巻は人格論を視座に、明治維新以後の大日本帝国憲法と「和魂洋才」を基盤とした近代化の問題点を明らかにし、戦後の日本そのものを神学的に考察した上で、日本におけるキリスト教的真理の弁証の道としての人間学を論じる。

 

[目次]

第一部  序論──この時代の内面にある「人間」の問題(われわれの時代、われわれの国/弁証学のための言葉の獲得(1)──原爆体験から発出した言葉/弁証学のための言葉の獲得(2)──キリスト教の哲学的弁証)

第二部  新しい弁証学への道──「人格」理念への明証(明治維新と日本近代化の問題/「神々の死」と「天皇の人間宣言」のもたらした「たましい」の問題/古代教会の弁証学/アウグスティヌス 弁証学としての人間学の古代的モデル/現代状況への立ち還り/日本における人間学の問題/戦後日本における人格的共同体形成への問い/弁証学としての人間学 総括)

この商品を買った方はこんな商品も買っています

こちらもオススメ!

配送方法の詳細についてはコチラを御覧下さい。商品1万円以上お買い上げで送料無料サービスが適用されます。

↓ ご注文時の注意事項↓(携帯電話からの閲覧はタップして御覧ください)

① プレゼント包装について→ ① プレゼント包装について→

② 商品の在庫について→ ② 商品の在庫について→

③ 商品の品質について→ ③ 商品の品質について→