神学通論(1811年/1830年)

3,456  (税込)
(税抜 3,200 )
包装紙─グリーン 包装紙─ゴールド 包装紙─クリスマス 包装紙─こぐまちゃん
KBKX-7642-7297
+

"神学通論(1811年/1830年)" の最低購入数は 1 です.

商品詳細

品番/ISBN:
9784764272972
メーカー/出版社:
教文館
著訳者:
F・シュライアマハー 加藤常昭・深井智朗訳
発売/発行年月:
2009年7月
判型:
A5
ページ数:
330

タグ

説明

※2015年8月重版出来

「近代神学の父」と呼ばれるシュライアマハーは、大学教授の傍ら、生涯にわたって説教し、牧会した「教会の神学者」であった。

シュライアマハーが構想した神学体系を知る唯一の手がかりとなる名著。

第1版(本邦初訳)と第2版(改訳)を併せて収録。

今日の研究状況を知る解説と、読者の理解を助ける用語解説を付した。

 

「われわれは神学に与えられることはきわめて稀であるような、ひとりの英雄と関わっているのである。この英雄の出現によって発せられ、いまなお発せられる光輝にまったく気づかなかったような人、彼に屈しなかったような人は、別のおそらくより優れた道を立派に歩んでもよいが、しかし、この人物に向かってただ指を振り上げることもやめるべきであろう。ここで愛したことのない人や、ここで繰り返し愛する立場にいない人も、ここで憎むことは許されない。」(カール・バルト『19世紀のプロテスタント神学』)

この商品を買った方はこんな商品も買っています

こちらもオススメ!

配送のご案内

配送方法の詳細についてはコチラを御覧下さい。商品1万円以上お買い上げで送料無料サービスが適用されます。

↓ ご注文時の注意事項↓(携帯電話からの閲覧はタップして御覧ください)

① プレゼント包装について→ ① プレゼント包装について→

② 商品の在庫について→ ② 商品の在庫について→

③ 商品の品質について→ ③ 商品の品質について→