弱さを絆にハンセン病に学び、がんを生きて

1,944  (税込)
(税抜 1,800 )
包装紙─グリーン 包装紙─ゴールド 包装紙─クリスマス 包装紙─こぐまちゃん
KBKX-7642-6945
+

"弱さを絆にハンセン病に学び、がんを生きて" の最低購入数は 1 です.

商品詳細

品番/ISBN:
9784764269453
メーカー/出版社:
教文館
著訳者:
荒井英子 著 / 荒井献 編
発売/発行年月:
2011年10月
判型:
四六
ページ数:
400

タグ

説明

キリスト教を土台とし、人間の尊厳に関わる先鋭な諸問題について取組んだ著者。

過去を断罪するのではなく、その苦しみを将来に生かすため、病人、害者、女性の完全な人間性の復権を目指して語られた渾身のメッセージ。

大震災を経て、誰もが一瞬で「弱者」になりうることを知った私たちに、これからを生きるために必要な視点がここに示される。

〈目次より〉
Ⅰ ハンセン病に学び、がんを生きて――エッセー
ハンセン病に学び、がんを生きて/病むということ、生きるということ
Ⅱ 弱さを絆に――チャペルアワー・礼拝メッセージ
「べてるの家」の不思議なメッセージ/あなたが励ましてくれるから/偶然ではなく、最善/弱さの棘/弱さを絆に/宿屋には彼らの泊まる場所がなかった/ゆるされて在るということ
Ⅲ 信仰と人権――講演
ハイジ、クララは歩かなくてはいけないの? /ハンセン病とキリスト教
Ⅳ 女性とキリスト教――論文
ベタニア=らい病人隔離村」説をめぐって /旧約における病人・障害者・女性と罪のメタファー/預言者の女性に関する性表現の問題性 /植村環/ルツ記における「母の家」(bet’em)について/ 占領下の性とキリスト教 /「神の業がこの人に現れるため」考 /キリスト教界の「パンパン」言説とマグダラのマリア/伝道者たちの言説における戦争「被害者」の不在

この商品を買った方はこんな商品も買っています この商品を買った方はこんな商品も買っています

↓ ご注文時の注意事項↓

① プレゼント包装について→ ① プレゼント包装について→

② 商品の在庫について→ ② 商品の在庫について→

③ 商品の品質について→ ③ 商品の品質について→