『キリスト教綱要』 物語 どのように書かれ、読まれてきたか

3,520  (税込)
(税抜 3,200 )
包装紙─グリーン 包装紙─ゴールド 包装紙─クリスマス 包装紙─こぐまちゃん
KBKX-7642-6729
+

"『キリスト教綱要』 物語 どのように書かれ、読まれてきたか" の最低購入数は 1 です.

商品詳細

品番/ISBN:
9784764267299
メーカー/出版社:
教文館
著訳者:
B・ゴードン:著 出村彰:訳
発売/発行年月:
2017年8月
判型:
四六
ページ数:
336

タグ

説明

受容と拒絶の歴史!

 

包括的な教理体系と明晰な文体から<プロテスタント神学の最高傑作>と呼ばれた一方、悪名高き「予定論」が数々の論争を呼び起こし、アパルトヘイトの神学的根拠にも利用されたカルヴァンの『キリスト教綱要』。

教会と政治のはざまで読み継がれてきた名著の誕生秘話と光と影の影響を、歴史的・社会的研究から描き出す。

 

『カルヴァンは、けっしてわれらの教皇ではなかった。カルヴァンはついぞわれわれの間で、聖アウグスティヌス、あるいはカトリックの聖トマスのような博士の呼び名を獲得したわけでない。・・・プロテスタントのキリスト者にとっては、真の権威は御言葉である。それは神御自身が語り出されたもの、神御自身が今も語り出されるもの、そして旧・新約聖書の中で聖霊の証言によって、永遠に語り出されるであろうものである。われわれにとってカルヴァンは、この教会の中で唯一の、語りかけに聴き入ることの達人であった。』──カール・バルト

 

[目次]

日本語版へのまえがき

まえがき

感謝の言葉

使用した英訳について

序章  著者カルヴァンとその著作を覚えて

第一章  著作の端緒

第二章  一五五九年──『キリスト教綱要』完成の年

第三章  遺産相続者たち

第四章  啓蒙思潮の愛憎相剋感情

第五章  宗教改革者としての再生

第六章  アメリカのカルヴァンたち

第七章  「きわめてカルヴァン主義的教授」とオランダの友人たち

第八章  二人の巨人──バルトとブルンナー

第九章  近代性の預言者──専制君主らの王子

第十章  抑圧と解放──南アフリカについて

第十一章  変遷と分岐──中国において

第十二章  現代における諸発現

付録一  異端の火刑とその著作の焚書について

付録二  『キリスト教綱要』の諸版

 

この商品を買った方はこんな商品も買っています

配送方法の詳細についてはコチラを御覧下さい。商品1万円以上お買い上げで送料無料サービスが適用されます。

↓ ご注文時の注意事項↓(携帯電話からの閲覧はタップして御覧ください)

① プレゼント包装について→ ① プレゼント包装について→

② 商品の在庫について→ ② 商品の在庫について→

③ 商品の品質について→ ③ 商品の品質について→