なぜ人間に倫理が必要か 倫理学の根拠をめぐる哲学的・神学的考察

2,750  (税込)
(税抜 2,500 )
包装紙─グリーン 包装紙─ゴールド 包装紙─クリスマス 包装紙─こぐまちゃん
KBKX-7642-6388
+

"なぜ人間に倫理が必要か 倫理学の根拠をめぐる哲学的・神学的考察" の最低購入数は 1 です.

商品詳細

品番/ISBN:
9784764263888
メーカー/出版社:
教文館
著訳者:
W・パネンベルク:著 佐々木勝彦/濱崎雅孝:訳
発売/発行年月:
2003年1月
判型:
B6
ページ数:
252

タグ

説明

倫理学の根拠をめぐる哲学的・神学的考察。

世俗化した現代、人間の倫理はどこに拠り所を求めうるのか?「キリスト教倫理」は存在し得るのか。

倫理学は思想史の中で、どのように出現し、どのような問題を扱ってきたのかを検証。

キリスト教倫理の可能性と普遍性を問う。

 

[目次]

第一章  現代の世俗文化における道徳と倫理学(近代社会の人間学的基盤と、教義学に対する倫理学の優位性/道徳的規範意識の解体/道徳の公的機能の喪失?  ほか)

第二章  倫理学の根源状況と、その基礎づけのための最も重要な方法(習俗、法、そして倫理/善についての問いの解明としての倫理学/プラトンの善についての問いのキリスト教的改変  ほか)

第三章  倫理学の基礎──倫理学の最も重要な基礎づけの試みに対する批判的評価(カント倫理学の形式主義/自然法とキリスト教の戒めの倫理学  ほか)

第四章  神の国と倫理学(終末論的使信の帰結としてのイエスの律法解釈/愛と親切心/人間の被造性と愛の戒め  ほか)

第五章  キリスト教倫理と、倫理的なものの人間的普遍性(キリスト教倫理という特別なものがあるのだろうか?/教義学との関係における神学の一分野としての倫理学  ほか)

第六章  世俗化された社会の文脈におけるキリスト教倫理の諸原理(自己実現と奉仕/自制心/結婚と家族/世俗的な国家におけるキリスト教的な行為)

この商品を買った方はこんな商品も買っています

こちらもオススメ!

配送方法の詳細についてはコチラを御覧下さい。商品1万円以上お買い上げで送料無料サービスが適用されます。

↓ ご注文時の注意事項↓(携帯電話からの閲覧はタップして御覧ください)

① プレゼント包装について→ ① プレゼント包装について→

② 商品の在庫について→ ② 商品の在庫について→

③ 商品の品質について→ ③ 商品の品質について→