アウグスティヌス著作集10 ペラギウス派駁論集2

5,940  (税込)
(税抜 5,500 )
包装紙─グリーン 包装紙─ゴールド 包装紙─クリスマス 包装紙─こぐまちゃん
KBKX-7642-3010
+

"アウグスティヌス著作集10 ペラギウス派駁論集2" の最低購入数は 1 です.

商品詳細

品番/ISBN:
9784764230101
メーカー/出版社:
教文館
著訳者:
小池三郎・金子晴勇・片柳栄一訳
発売/発行年月:
1985年12月
判型:
A5
ページ数:
408

タグ

説明

本書はアウグスティヌスの『ペラギウス派駁論集(2)』として「恩恵と自由意志」、「譴責と恩恵」、「聖徒の予定」、「堅忍の賜物」の四つの著作を収録する。

これらの最晩年の四著作は一般にはセミ・ペラギウス主義を批判したものとみなされている。(略)

これらの著作の後に彼はペラギウス主義者ユリアヌスを批判した『未完書・ユリアヌス論駁』に取りかかっているが、完結した著作としてはここに訳したものが最後となった。(「はしがき」より)

 

[目次]

恩恵と自由意志(小序、本書著述の動機/聖書は自由意志の存在を明らかに説いている/善いわざに対する恩恵の必然性/ペラギウスの功績主義に対する批判/永遠の生命は恩恵に対する恩恵である/神の義の正しい理解/恩恵による自由意志の自由/意思に対する神の摂理  ほか)

譴責と恩恵(挨拶と神の恩恵の必要性/神の恩恵と人間の自由/譴責の有効性について/譴責に反対する者たちの抗議/抗議への回答。譴責の効用について/窮めがたい神の審判について/譴責には祈りが伴わなければならない  ほか)

聖徒の予定(聖徒の予定について著述する動機/信仰の開始は神の恩恵である。高慢に対する警告/初期の信仰についての批判的吟味/恩恵・予定・予知の関係/イエス・キリストにおける予定と恩恵/選びは信じたからではなく、信じるために生じる  ほか)

堅忍の賜物(終わりに至るまでの堅忍は、神の賜物である。聖書の証言、主の祈りがそれを証している/主の祈りについての結論/『自由意志』のための弁明/昔の作家たちは、予定を単に予知と言うこともあった/『譴責と恩恵』で主張したことは新しいことではない  ほか)

関連商品 関連商品

↓ ご注文時の注意事項↓

① プレゼント包装について→ ① プレゼント包装について→

② 商品の在庫について→ ② 商品の在庫について→

③ 商品の品質について→ ③ 商品の品質について→