キリシタン研究50 きりしたん受容史 教えと信仰と実践の諸相

6,490  (税込)
(税抜 5,900 )
包装紙─グリーン 包装紙─ゴールド 包装紙─クリスマス 包装紙─こぐまちゃん
KBKX-7642-2461
+

商品詳細

品番/ISBN:
9784764224612
メーカー/出版社:
教文館
著訳者:
東馬場郁生:著
発売/発行年月:
2018年11月
判型:
A5
ページ数:
320

タグ

説明

日本人が構築した独自の信仰世界

16世紀、神道・仏教・道教などの影響が混淆した日本宗教と、キリスト教の交差点で、当時の日本人は何を教わり、どのように信じ、実践したのか。従来のきりしたん研究は、日本史でありながら、人物伝や宣教師の書簡・信仰書などの外国資料を一次資料とする特有の歴史観に則って行われてきた。それらの視座は、「送り手中心」にある。本書は、遺されたきりしたん書などを手掛かりに、きりしたん信仰の様々な表現(現れ、姿、言葉)を、本来の信仰や儀礼の規範的価値にとらわれず、新しい宗教としてのキリスト教を受容した日本人信徒たちの視点から、「受け手中心」のきりしたん史の再構築を試みる。

 

【目次・抄】

第1章 宣教師との出会い/第2章 きりしたんの象徴と宣教師のイメージ/第3章 宣教師による適応への努力/第4章 きりしたん書を読む/第5章 きりしたんの教えの体系/第6章 日本の宗教文化における「きりしたんの教え」の意義/第7章 きりしたんの儀礼/第8章 棄教・潜伏・殉教
 

この商品を買った方はこんな商品も買っています

配送方法の詳細についてはコチラを御覧下さい。商品1万円以上お買い上げで送料無料サービスが適用されます。

↓ ご注文時の注意事項↓(携帯電話からの閲覧はタップして御覧ください)

① プレゼント包装について→ ① プレゼント包装について→

② 商品の在庫について→ ② 商品の在庫について→

③ 商品の品質について→ ③ 商品の品質について→