『取り寄せ』ナイチンゲール 神話と真実 新版

3,960  (税込)
(税抜 3,600 )
包装紙─グリーン 包装紙─ゴールド 包装紙─クリスマス 包装紙─こぐまちゃん
KBKX-622-08758
+

商品詳細

品番/ISBN:
9784622087588
メーカー/出版社:
みすず書房
著訳者:
ヒュー・スモール:著 田中京子:訳
発売/発行年月:
2018年12月
判型:
四六
ページ数:
328
備考:
こちらの商品はご注文後に出版元に在庫確認後のお取り寄せとなります。ご注文後のキャンセルはお受けいたしかねます。また、出版社の在庫状況によってはお取り寄せが出来ない場合もございます。予めご了承くださいませ。

タグ

説明

「ランプを持った天使」として慈愛、献身の代名詞のように崇め奉られてきたフローレンス・ナイチンゲール。クリミアで名声を得ながら、帰国後、看護の現場に背を向けつづけたことは、後世の伝記作者たちを悩ませてきた謎だった。病院看護の仕事と、後進の看護婦の指導・育成をかつてあれほど激しく望んだ彼女が、いったいなぜ?戦争終結の翌年、1万6千人の兵士の死をもたらした責任を追及する王位委員会が開かれた。ナイチンゲール自身が積極的に開催を働きかけた王位委員会が終了した直後、彼女は虚脱状態に陥り、10年もの間病床にあった。以後、完全に健康を取り戻すことなく、それでも一生をつうじて、政府や医学界を相手に苛烈な公衆衛生改革へと自らを駆り立てていったナイチンゲール。その原動力となった「罪の意識」とは。どんな事実に彼女は辿りついたのか。没後より出版の相次いだナイチンゲール伝のいずれにも抜け落ちていたある真実を、偶然残された2通の手紙を導きの糸として追ったFlorence Nightingale:Avenging Angelからほぼ20年。新たに公開されたナイチンゲールの書簡やイギリス議会の記録をもとに、初版では謎に終わっていたところに納得のゆく結論を得た改訂版から、結論の加筆を生かした待望の新版。

1 野心
2 クリミア戦争
3 戦後検証
4 隠蔽
5 復讐
6 名声と神話
資料「鶏のとさか」―ナイチンゲールが作成した最も有名な統計図表(一八五八年)

配送方法の詳細についてはコチラを御覧下さい。商品1万円以上お買い上げで送料無料サービスが適用されます。

↓ ご注文時の注意事項↓(携帯電話からの閲覧はタップして御覧ください)

① プレゼント包装について→ ① プレゼント包装について→

② 商品の在庫について→ ② 商品の在庫について→

③ 商品の品質について→ ③ 商品の品質について→