カール・バルトとエキュメニズム 一つなる教会への途

3,850  (税込)
(税抜 3,500 )
包装紙─グリーン 包装紙─ゴールド 包装紙─クリスマス 包装紙─こぐまちゃん
KBKX-400-31087
+

商品詳細

品番/ISBN:
9784400310877
メーカー/出版社:
新教出版社
著訳者:
佐藤司郎 著
発売/発行年月:
2019年3月
判型:
A5
ページ数:
272

タグ

説明

バルトにとってエキュメニズムとは? そして、教会とその宣教とは何か?

弁証法神学時代からドイツ教会闘争、戦後冷戦期、そして晩年にいたる長い神学的展開において、エキュメニズムに対するバルトの姿勢はいかに変化したのか。

テキストの綿密な読み込みを通して、バルト神学の根本モチーフが明らかとなる。

本書は、類書に乏しい分野における貴重な貢献である。

 

【目次より】

序説

第1章 エキュメニカル運動と弁証法神学

第2章 エキュメニズムへの覚醒

第3章 シュトゥットガルトとアムステルダム

第4章 ミッシオ・デイとバルトの宣教の教会

第5章 第二バチカン公会議とバルト

最後の証し――終章に代えて

こちらもオススメ!

配送方法の詳細についてはコチラを御覧下さい。商品1万円以上お買い上げで送料無料サービスが適用されます。

↓ ご注文時の注意事項↓(携帯電話からの閲覧はタップして御覧ください)

① プレゼント包装について→ ① プレゼント包装について→

② 商品の在庫について→ ② 商品の在庫について→

③ 商品の品質について→ ③ 商品の品質について→