思想としての編集者

2,618  (税込)
(税抜 2,380 )
包装紙─グリーン 包装紙─ゴールド 包装紙─クリスマス 包装紙─こぐまちゃん
KBKX-400-31052
+

"思想としての編集者" の最低購入数は 1 です.

商品詳細

品番/ISBN:
9784400310525
メーカー/出版社:
新教出版社
著訳者:
深井智朗
発売/発行年月:
2011年6月
判型:
四六
ページ数:
240

タグ

説明

ナチスによってフランクフルト大学を追放されたパウル・ティリッヒは、いかにしてニューヨークの亡命知識人の一人と知られるようになったのか。

マックス・ヴェーバー、カール・バルト、フリードリヒ・ゴーガルテンは、いかにして現在の思想史的位置に至ったか。

編集者ディーデリヒス、A.レンプ、ミュンツェンベルクが神学にもたらした役割から20世紀ドイツ神学史を読み解く。

日本において類書の乏しい意欲的研究。

『福音と世界』で連載された「出版社の神学」を大幅に加筆。

配送方法の詳細についてはコチラを御覧下さい。商品1万円以上お買い上げで送料無料サービスが適用されます。

↓ ご注文時の注意事項↓(携帯電話からの閲覧はタップして御覧ください)

① プレゼント包装について→ ① プレゼント包装について→

② 商品の在庫について→ ② 商品の在庫について→

③ 商品の品質について→ ③ 商品の品質について→