『取り寄せ』 講談社現代新書2301 高層建築物の世界史

1,430  (税込)
(税抜 1,300 )
包装紙─グリーン 包装紙─ゴールド 包装紙─クリスマス 包装紙─こぐまちゃん
KBKX-06-288301
+

"『取り寄せ』 講談社現代新書2301 高層建築物の世界史" の最低購入数は 1 です.

商品詳細

品番/ISBN:
9784062883016
メーカー/出版社:
講談社
著訳者:
大澤昭彦
発売/発行年月:
2015年2月
判型:
新書
ページ数:
448
備考:
こちらの商品はご注文後に出版元に在庫確認後のお取り寄せとなります。ご注文後のキャンセルはお受けいたしかねます。また、出版社の在庫状況によってはお取り寄せが出来ない場合もございます。予めご了承くださいませ。

タグ

説明

人類の歴史は、高層建築物をつくってきた歴史でもあります。

古代においてもすでに、メソポタミアの宗教的建造物ジッグラト、エジプトのピラミッド、ローマのコロッセウムや高層アパートなど、巨大・高層建築物がつくられていました。

中世になると、ヨーロッパでは城塞やゴシック教会、中東ではイスラームのモスク、日本では仏塔がつくられました。

15世紀以降は、都市の景観の中での高層建築物のありかたが問われるようになります。

19世紀末からの摩天楼の時代を経て、20世紀半ばからは、超高層ビルとタワーの時代が始まります。

そして、現在、高層建築の中心は、再び中東、そして東アジアに移っています。

本書では、時代を移す鏡として高層建築物をとらえ、その歴史を振り返ります。

世界で、日本で、どんな高層建築物が、どのように建てられてきたのでしょうか。

そして、なぜ人類は高層建築物を希求してきたのか、を探ります。

 

第1章  神々をまつる巨大建造物──紀元前三〇〇〇年頃~紀元後五世紀頃(古代メソポタミアのジッグラト/古代エジプトのピラミッドとオベリスク  ほか)

第2章  塔の時代──五~一五世紀(中世ヨーロッパの城塞/ゴシック大聖堂  ほか)

第3章  秩序ある高さと都市景観の時代── 一五~一九世紀(ルネサンス都市における高さ/宗教都市ローマの大改造  ほか)

第4章  超高層都市の誕生── 一九世紀末~二〇世紀半ば(鉄骨、ガラス、エレベーター/万国博覧会と巨大モニュメント──クリスタル・パレスとエッフェル塔  ほか)

第5章  超高層ビルとタワーの時代── 一九五〇~一九七〇年代(アメリカの鉄とガラスの摩天楼/高さ世界一を競って──ワールド・トレード・センターとシアーズ・タワー  ほか)

第6章  高層建築物の現在── 一九九〇年代~現在(グローバル化する高層ビル/アジアにおける高さ世界一の更新  ほか)

終章  高層建築物の意味を考える(権力/本能  ほか)

配送方法の詳細についてはコチラを御覧下さい。商品1万円以上お買い上げで送料無料サービスが適用されます。

↓ ご注文時の注意事項↓(携帯電話からの閲覧はタップして御覧ください)

① プレゼント包装について→ ① プレゼント包装について→

② 商品の在庫について→ ② 商品の在庫について→

③ 商品の品質について→ ③ 商品の品質について→