日本国を建てるもの ─信仰・教育・公共性─

3,024  (税込)
(税抜 2,800 )
包装紙─グリーン 包装紙─ゴールド 包装紙─クリスマス 包装紙─こぐまちゃん
KBKX-400-21324
+

"日本国を建てるもの ─信仰・教育・公共性─" の最低購入数は 1 です.

商品詳細

品番/ISBN:
9784400213246
メーカー/出版社:
新教出版社
著訳者:
梅津順一
発売/発行年月:
2016年8月
判型:
四六
ページ数:
368

タグ

説明

ピューリタニズム研究の第一人者であり、長年キリスト教教育に従事する著者が、近代日本のキリスト教、日米キリスト教大学の歴史を振り返り、信仰と社会科学の二つの足場から、日本の将来の精神的基軸を構想する力作。

明治維新後の激動の時代、本多庸一、徳富蘇峰、内村鑑三、福澤諭吉などの思想家たちはキリスト教思想に何を見、どのような日本を夢見たのか。

今学ぶべき日本のキリスト教大学のルーツとは。

そして、信仰なき市民社会にあって、教会が果たすべき役割とは何か。

信徒として、社会科学者として提起する「体験的日本伝道論」。

この商品を買った方はこんな商品も買っています この商品を買った方はこんな商品も買っています

↓ ご注文時の注意事項↓

① プレゼント包装について→ ① プレゼント包装について→

② 商品の在庫について→ ② 商品の在庫について→

③ 商品の品質について→ ③ 商品の品質について→