1位

1. 
KBKX-03-963950
1,728  (税込) (税抜 1,600 )
9784039639509, 偕成社, 星野富弘:著
前回の詩画集『種蒔きもせず』から7年ぶりの新詩画集。 63点の詩画に加え、16点のエッセイを収録。 静かな暮らしのなかで見えてくる自然や人、そして作者自身を、力強い筆致で詩画(花々の絵に、詩が添えられた絵画作品)に描き、エッセイでつづります。...

2位

KBKX-569-83584
1,296  (税込) (税抜 1,200 )
9784569835846, PHP研究所, 片柳弘史:文 RIE:絵

「ほんとうに自分がしたいことはなんだろう?」

「いまのままの自分でいいの?」  

生き方に悩んだとき、自分に自信をなくしたときに勇気と知恵をくれる「マザー・テレサの言葉」を23選び、愛のあふれる温かい絵とともに紹介します。  

 

好評既刊『世界で一番たいせつなあなたへ』『あなたのままで輝いて』に続く「マザー・テレサの言葉」シリーズ第三弾。  

「できないのではありません。できることが違うだけです」

「いろいろなことを付け加えて、人生を複雑にしてはいけません」

「ありふれたことに、人並み外れた愛を込めなさい」

「見ているはずなのに、見えていないことがたくさんあります。心の目を開いて、しっかり見ましょう」…  

 

解説文を執筆した片柳弘史氏は、カトリック教会の神父。マザー・テレサに神父になるよう勧められ神父になった経歴の持ち主。

マザーのことをよく知る神父だからこそ書けた一冊です。

自分の「心の声」を聞くための方法も掲載!

3位

KBKX-264-03308
1,404  (税込) (税抜 1,300 )
9784264033080, いのちのことば社, 星野富弘

詩画作家として自らの原点を見つめ直し、心の軌跡をたどる。

花々へのまなざし、創作への思い、変わっていくものと変わらざるもの。

詩画45点(既刊詩画集未収録2010年代の作品も多数)に書き下ろしのエッセイを収録した最新作!

"あの時から空がかわった  富弘美術館開館25周年記念詩画集 [2017年キリスト教本屋大賞─5位]" の最低購入数は 1 です.

4位

KBKX-264-03053
1,296  (税込) (税抜 1,200 )
9784264030539, いのちのことば社, 星野富弘

「悲しみも苦しみも」と「あなたに出逢ってから」をテーマにした詩画27点、希望と信仰について語ったエッセイとロング・インタビューに加え、絵とことばのコラボ14点を収録。

単行本で未発表の詩画や絵も多数。

"いのちより大切なもの 星野富弘 詩画集 [キリスト教本屋大賞2013ノミネート作品]" の最低購入数は 1 です.

5位

KBKX-264-03092
890  (税込) (税抜 824 )
9784264030928, いのちのことば社, 星野富弘
星野富弘の「花の詩画」とコラージュを組み合わせた、特別なギフト詩画集

"ときめき詩画集 あなたがいる" の最低購入数は 1 です.

6位

KBKX-569-76573
670  (税込) (税抜 620 )
9784569765730, 渡辺和子
幸せは、探しに行って見つけるものではなく、私の心が決めるもの、私とともにあるものなのです――シスターが遺してくれた人生の指針。

7位

KBKX-569-83471
1,080  (税込) (税抜 1,000 )
9784569834719, PHP研究所, 渡辺和子

生涯を教育に捧げ、89歳で帰天した著者が、最後に遺した書。

生きる指針、人生のヒントが満載。

「たった一度の人生をいかに生きるか」「マザー・テレサが教えてくれたこと」など5章。

 

第1章  たった一度の人生をいかに生きるか(名前で呼ぶことがたいせつ/人を生かすもの  ほか)

第2章  人を育てるということ(生き方が自らの証になる/有言実行の努力をしよう  ほか)

第3章  祈ること、願いが叶うということ(思い煩いながらおまかせして生きる/なぜ祈るのか、祈りは叶うのか  ほか)

第4章  マザー・テレサが教えてくれたこと(マザー・テレサとの出会い/「きれい」だけれど「貧しい」  ほか)

第5章  美しく生きる秘訣(マザーがかもし出しているもの/きれいさと美しさの境目  ほか)

8位

KBKX-8202-9247
1,728  (税込) (税抜 1,600 )
9784820292470, 鈴木範久

日本聖書協会が発行している季刊誌(聖書情報誌)SOWER連載「人物と聖書」の単行本化。

各方面で活躍した日本人がキリスト信徒であるなしに関わらず、聖書とどう向きあい、生き方にどのような影響を受けたか。

それを日本キリスト教史の第一人者で、内村鑑三研究で知られる鈴木範久氏(立教大学名誉教授)が探りました。

『学鐙』(1999年)に掲載された「鈴木大拙の聖書」も収録。

 

『聖書を読んだ30人』収録人物

夏目漱石 / 田中正造 / 荻野吟子 / 内村鑑三 / 石井亮一 / 太宰治 / 井口喜源治 / 高村光太郎 / 市川栄之助 / 川端康成 / 山室軍平 / 倉田百三 / 新島襄 / 石坂洋次郎 / 新渡戸稲造 / 芥川龍之介 / 西田幾多郎 / 長谷川保 / 吉野作造 / 中勘助 / 野村胡堂 / 坂田祐 / 賀川豊彦 / 音吉 / 堀辰雄 / 山本五十六 / 萩原朔太郎 / 斎藤勇 / 八木重吉 / 鈴木大拙

9位

KBKX-8202-9238
1,944  (税込) (税抜 1,800 )
9784820292388, 日本聖書協会, E.M.バウンズ

「1分間の黙想 祈りの力」は、E.M.バウンズのThe Power of Prayer - One-Minute Devotionsの日本語訳です。
著者であるエドワード・マクケンドリー・バウンズ(Edward McKendree Bounds、1835年-1913年)は、ミズーリ州の有力者の子弟として生まれ、法律を学び、法律事務所に勤務しておりました。第三次大覚醒(Third Great Awakening)の折に牧師としての召命を受け、神学校に入りました。卒業後、南部メソジスト教会の牧師となりました。

アメリカ南北戦争が勃発した時、バウンズは南軍の従軍牧師になりますが、フランクリンという町での戦闘の際に負傷し、捕虜となってしまいます。捕虜から解放された後、戦場となった町フランクリンに伝道の赴き、戦争の傷ついた人々の癒しのために尽力しました。彼は、祈りによる霊性の回復を通して、人々に大きな希望を与えました。

本書は、E.M.バウンズによる聖書の解き明かしと祈りを毎日1分で読める分量で編集したものです。慌ただしい日々の流れの中で、聖書の言葉を振り返り、祈りの時を得ることは、自らの霊性の回復に欠かせないことです。通勤時間、仕事の合間の休憩時間、教会でのデボーションの時、家庭集会、個人的なデボーションにおいて多くの方に愛読していただけることを願います。

本書は、1月1日から12月31日まで、うるう年の2月29日を含んだ366日分の「み言葉と解き明かしと祈り」を収録しております。曜日は書いてありませんので、今年や来年だけではなく、ずっとお使いいただくことができます。装丁も丈夫な合成皮革なので、持ち運びも便利です。

"1分間の黙想 祈りの力 [2017年キリスト教本屋大賞─3位]" の最低購入数は 1 です.

10位

KBKX-651-14016
1,512  (税込) (税抜 1,400 )
9784651140162, 学研プラス, 星野富弘
苦しみを乗り越えたとき、人はやさしくなれる!  口絵カラー増・文字も大きくふりがな付きで大人はもちろん小学校高学年~中・高生の必読書に生まれ変わりました。   1  哀しみの青い空 2  母を道づれに 3  重荷を背負った人々 4...

特集ページ